B1A4 サンドゥル、新曲「怠け者な僕」ライブ映像を公開…共感できる癒しソングでカムバック

OSEN |

写真=WMエンターテインメント
B1A4のサンドゥルが共感できる癒やしソングでカムバックした。

サンドゥルは27日午後6時、各音楽配信サイトを通じて、デジタルシングル「センガクジプ(考えの家)」シリーズの最初の曲「怠け者な僕」をリリースした。

昨年6月に発売した2ndミニアルバム「天気の良い日」以来、約1年ぶりとなる新曲「怠け者な僕」は、サンドゥルが作詞・作曲を手掛けた曲で、何もしたくない無気力な日常を過ごす人々の心を代弁して、共感と癒やしを与える。

特に忙しくバタバタ過ごす世知辛い現実で、怠け者な自分が嫌いで、何もしたくない心情を日記に書いていくように、淡々と解いた歌詞が印象的だ。日常で誰もが一度は感じるような心情を込めた率直な歌詞が、サンドゥルの気だるいボーカルと調和して聴く楽しさを加えた。

「僕がいま動かないからって死にはしないだろう/僕がいま動かないからって大変なことにはならないだろう/ただ埃になって僕の部屋でぼうっと浮いていたい/外の人々は皆、忙しく動いているのに/僕は布団が足を離してくれなくて動くことができない/ただ風になって不安のない場所に飛んでいきたい」

サンドゥルは今回の新曲に対して「何もしないで、ただじっと寝ていたい時、じっとしていることすら面倒くさい時、そんな僕たちの話をしたかった。時には日常を止めて、何も考えずに、今の自分の気持ちをありのまま受け入れて、休ませてあげるのもいいんじゃないか? という気持ちを曲に込めてみた」と説明した。

サンドゥルが新曲「怠け者な僕」で始まる「センガクジプ(考えの家)」シリーズを通じて、これからどんな音楽を披露するか期待が高まる。

記者 : チ・ミンギョン