イ・シオン&元4Minute ホ・ガユン出演、映画「サーチアウト」公開日を4月15日に延期…予告映像を公開

Newsen |

写真=映画の予告編キャプチャー
イ・シオン、キム・ソンチョル、元4Minute ホ・ガユン主演の「サーチアウト」が公開日を延期する。

4月9日に公開予定だった映画「サーチアウト」は「公開日を15日に延期した」と発表した。

「サーチアウト」は、ソンミン(イ・シオン)とジュニョク(キム・ソンチョル)が暮らしている考試院(コシウォン、受験生が住むことを想定した一部屋が約2畳前後の住宅施設)で自殺事件が発生し、謎のメッセージを通じて死が操作されていることに気づいた2人が、個人の日常に浸透したSNS犯罪の実体に直面するSNS追跡スリラーだ。

公開延期の知らせと共に公開された映像は、事件発生の経緯が一目で分かるものとして注目を集めた。まず、ソンミンとジュニョクが住んでいる考試院で謎の自殺事件が発生する。被害者は前日までは明るく笑ってあいさつを交わしていた少女で、2人ともショックを受ける。しかし、事件発生日の夜、死んだ少女から謎のメッセージが届き、少女の死を疑ったソンミンとジュニョクは直接SNSの追跡を始め、緊張感を与える。

そんな過程で「エレシキガル」というアカウントが死んだ少女をはじめ、ジュニョクにまで接近していることが分かり、興信所のブレーンヌリ(元4Minute ホ・ガユン)にIPの追跡を依頼する。しかし「エレシキガル」アカウントによる自殺被害者が少女だけでなく、さらに数十人はいると推定され、衝撃を与える。

ソンミン、ジュニョク、ヌリが真実に近づくほど自身たちまで犯罪のターゲットになるが、これ以上被害者の発生を防ぐため奮闘する3人が、果たして危機を乗り越えることができるだろうか、映画の内容が気になる。

記者 : ペ・ヒョジュ