Big Hitパン・シヒョク代表、米ビルボード「パワーリスト」マネジメント部門に選定…影響力を証明

Newsen |

写真=Big Hitエンターテインメント
Big Hitエンターテインメント(以下Big Hit)のパン・シヒョク代表が、米ビルボード「The 2020 Billboard Power List」に選ばれた。

米ビルボードは23日(現地時間)、公式ホームページに世界音楽産業においてもっとも影響力のある人物を分野別に選別して発表した。パン・シヒョク代表はマネジメント部門に選定された。

ビルボードはパン・シヒョク代表について「韓国でビジネスを爆発的に多角化した」と評価した。ビルボードは「防弾少年団が2019年にグローバルな成長を続け、ビートルズ以降『ビルボード200』チャートで1年間で3回の1位を獲得した初めてのグループになった」と述べた。

さらに「Big Hitが防弾少年団以降、新人グループであるTOMORROW X TOGETHERをデビューさせ、ビルボード『ワールドアルバム』チャートで1位を記録し、チャート成績が良いガールズグループGFRIENDのレーベルであるSource Musicを引き受けた。さらにモバイルゲーム『BTSワールド』までローンチし、2019年上半期だけで計1億7200万ドル(約2000億ウォン)の売上高を記録した」と伝えた。

「The 2020 Billboard Power List」は米ビルボードが毎年、世界音楽産業のリーダーを選んで発表するリストであり、今年は経営、マネジメント、ストリーミングなど部門を分けて発表した。

同リストにはユニバーサル・ミュージックのルシアン・グランジ会長、ソニー・ミュージックのロブ・ストリンガー会長、Spotifyのダニエル・エク代表などがパン・シヒョク代表と肩を並べた。

パン・シヒョク代表は昨年、米ビルボード「New Power Generation 25名」に続き、ビルボード「International Power Players」2年連続選定、米バラエティ「International Music Leader」2年連続選定など、音楽産業のグローバルリーダーとして影響力をアピールし続けている。

記者 : パク・スイン