“ロマンス詐欺疑惑”CRAYON POP エリン、配信再開を予告?中国のチャンネルも開設へ

OSEN |

1億(約9400万円)のロマンス詐欺(恋人や結婚相手になったかのように振る舞い、金銭などをもらうこと)疑惑で物議をかもしたCRAYON POP エリンが配信を再開しようとする動きを見せている。

エリンは本日(2日)、自身のafreecaTVチャンネルの掲示板に「こんにちは。みんな元気にしていますか?」という書き込みを掲載した。

エリンは「もう2020年1月ですね。時間が早く経つように感じます。天気もすごく寒くて、雪も時々降ってしますけが……皆さん、暖かくしてお出かけして、風邪に気をつけてください。今年はみんなが良いことだけ、幸せな日だけあることを祈っています。明けましておめでとうございます」と伝えた。

エリンは、昨年1億ロマンス詐欺を働いたという疑惑で物議をかもした。昨年11月にエリンチャンネルの視聴者Aさんは、エリンに10億ウォン(約1億円)ほどの「ロマンス詐欺」に遭ったと主張した。最初はこれを否認していたエリンは、自身の過ちは認めて謝罪した。

その後、配信をしていなかったエリンは飼い犬、ダンスを踊る映像などをSNSに掲載し、再び活動を始めた。特に先月22日には、あるネットユーザーから「中国版に移ったと聞きましたが、本当ですか?」とコメントで質問され「違います! 来年にはafreecaするつもりです!」と答えた。これと共に中国版afreecaTVである「DOYU(斗鱼)」で、“韓国のガールズグループCRAYON POP エリン”としてチャンネルを開設し、配信再開の動きを見せた。

記者 : チャン・ウヨン