放送終了「新米史官ク・ヘリョン」ASTRO チャ・ウヌ&シン・セギョン、2人の恋の行方は?

MYDAILY |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=MBC「新米史官ク・ヘリョン」放送画面キャプチャー
シン・セギョンとASTROのチャ・ウヌがハッピーエンドを迎えた。

26日、韓国ではMBC水木ドラマ「新米史官ク・ヘリョン」の最終回が放送された。

この日の放送でク・ヘリョン(シン・セギョン)はイ・リム(チャ・ウヌ)が閉じ込められた緑書堂に入った。そこで再会したク・ヘリョンとイ・リムは、切ない眼差しでお互いを見つめた。その後二人は手をつないで宮廷を抜け出した。ク・ヘリョンはイ・リムと同じ志を持っているモファ(チョン・イクリョン)の所にイ・リムを連れて行った。

モファはイ・リムに「数日後に行われる宴会ですべてを終わらせようと思う。殿下を守るという一念で粘った。殿下だけは生きなければならない」として緊張感を高めた。

イ・リムは眠ることができず、外に出て考え込んだ。ク・ヘリョンはそのようなイ・リムのもとに来て、「何を考えているの?」と尋ねた。これを聞いたイ・リムは「明日が過ぎれば、私はどのようになるのだろうと考えていた。引っ越しはしないでほしい。手紙を出すところが必要だから」と話した。

ク・ヘリョンは、「その必要はありません。殿下がどこにいても、私は一緒です」と伝えた。しかし、イ・リムは「だめだ。あなたはあなたの人生を生きなさい。私は緑書堂に閉じ込められていたのではない。あなたを待っていたのだ。私の一生は、あなたが私を見つけに来るのを待っている時間だった。だから大丈夫だ。名前を変えて、あちこち逃げて暮らしていても、いつかあなたに会う日を待っているところだと、そう考えるとすべて耐えることができる」と話した。

ク・ヘリョンはイ・リムの話を聞いて涙を流した。イ・リムはク・ヘリョンに近づいて涙を拭いながら口づけをした。

イ・リムは宴会場に現れて、イ・テ(キム・ミンサン)に「私はもう島遠(トウォン)大軍ではない。イ・ギョムの息子イ・リムだ。過ぎた20年の間に殿下はいくらでも私を殺すことができた。そうでない理由が何か。殿下もまた半分が間違っていたことを知っておられたからではないか」と叫んだ。イ・テは、これを書き留める士官たちに「やめろ。下がらない士官はこの席で首をはねる」と叫んだ。

これを受けてク・ヘリョンは、「私を切っても史筆は止まりません。私が死んだこの場所に、他の士官が来て座り、その士官を殺せば別の士官が来て座ることでしょう。殿下がこの地のすべての士官を殺し、紙と筆を奪っていくとしても、決して防ぐことができません。人々の口から口に、師匠から弟子のところに、老人から子供に、そう伝わることでしょう。それは真実の力です」と明らかにした。

ク・ヘリョンの言葉に、他の士官たちも参加した。ミン・ウウォン(イ・ジフン)は、「私たち士官は決して退くことができない」とした。イ・ジン(パク・ギウン)も、「慎重な忠臣は王の目と耳をふさがない。島遠大軍と士官の願いを聞いてほしい。庚午年にあったことをすべて正してと訴えた」と語った。この言葉に臣下たちも参加して「受け入れてほしい」と求めた。

以後イ・リムは大妃イム氏(キム・ヨジン)のもとを訪ねて、「私を大軍から廃位してほしい。王位は私の場所ではない。大軍として過ごした時間も、十分に手にあまった。もう誰かの息子ではなく、普通の人、ただ一人の人間として暮らしたい」と語った。

3年の時間が流れて、ク・ヘリョンはまだ芸文館士官として宮殿に出入りしていた。イ・リムは遊覧を終え帰ってきてク・ヘリョンに出会った。イ・リムはク・ヘリョンのためにバラの花のイベントを準備し、二人はお互いに向けた心をもう一度確認した。

記者 : チョン・ジヒョン