第二のTWICE?新人ガールズグループ4組が話題に…その共通点に注目

Newsen |

写真=Rocket Punch 高橋朱里

「PRODUCE48」出身のメンバー3人が含まれているガールズグループRocket Punchのデビューが最近話題を集めている中、Rocket Punchのように「PRODUCE48」出身の練習生を含めてデビューした新人ガールズグループの活躍が目立っている。Mnetサバイバル番組「PRODUCE48」は、練習生たちの初々しい魅力を余すことなく見せ、熱狂的なファン層を構築した。これに応えるかのように「PRODUCE48」を通じてIZ*ONEとしてデビューできなかった練習生たちも、放送終了後にそれぞれの事務所を通じて音楽界に挑戦状を叩きつけている。

Cherry Bullet ヘユン


写真=Cherry Bullet ヘユン
初デビューの主人公は「PRODUCE48」の公式“鼓膜彼女”で、メインボーカルとしての可能性を見せたヘユンである。彼女は2019年1月にローンチしたガールズグループCherry Bulletでデビューを果たした。

Cherry BulletはガールズグループAOAをはじめ、韓流スターFTISLAND、CNBLUEなどそうそうたるアイドル先輩を輩出したFNCエンターテインメントが久しぶりに披露したガールズグループとして話題を集めた。ヘユンは「PRODUCE48」で見せたボーカルの実力を十分に発揮し、メインボーカルとして活躍している。


EVERGLOW シヒョン&イロン


写真=EVERGLOW イロン&シヒョン
その後をついで2019年3月にデビューした6人組ガールズグループEVERGLOWは「PRODUCE101」シーズン1と「PRODUCE48」両方に出演した“土シヒョン”ことシヒョンと、「PRODUCE48」のビジュアル1位に輝いたイロンが所属している。EVERGLOWは短時間でYouTube再生回数1000万回を突破するなどして話題を呼び、海外で注目する新人ガールズグループという座を獲得した。

イロンを除く全メンバーは、韓国人で構成されており、中国の超大型エンターテインメント会社であるYUEHUAエンターテインメントの韓国支社で初めて制作したガールズグループとして話題を集めた。EVERGLOWは8月19日、2ndシングル「HUSH」を発売して精力的な活動を続けている。


FANATICS キム・ドア

FANATICS キム・ドア
8月6日にデビューした6人組ガールズグループFANATICSは、たった一日差でRocket Punchの先輩になった。FANATICSには、化粧品ブランドEtude House(エチュードハウス) の新しいモデルに選ばれ、新鮮なマスクで話題を集めたキム・ドアが所属している。

キム・ドア、ジアイ、ユンヘ、シカ、ドイ、チェリンで構成されたFANATICSは、正式デビューに先立ち、FANATICS FALVORとしてユニット活動を先行公開し、ガールズグループのファンにメンバーたちの魅力を十分アピールした。

「PRODUCE48」出身ガールズグループは、それぞれ異なる魅力でガールズグループ対戦に参加したが、いくつか共通点がある。まず1つは、1人以上の外国人メンバーを含む多国籍ガールズグループであるということだ。このような構成は、TWICEをはじめとするグローバルガールズグループのトレンドをベンチマークしており、海外市場にアピールするためという評価だ。

2つ目は、皆「PRODUCE48」を通じてデビュー前からファン層を積んだ状態でデビューしたということだ。飽和状態のガールズグループ界で、ロイヤリティのあるファンダム(特定のファンの集まり)はいつも心強い存在である。「PRODUCE48」を通じて得たファンダムと人気を同時に背負って、激しいガールズグループ対戦に飛び込んだ彼女たちが、今後どのような成果を出せるかに関心が高まっている。

記者 : ホ・ソンチョル