パク・ヒョシン、詐欺疑惑が浮上も…コンサートを予定通り開催「僕が帰ってくるところは舞台」

Newsen |

写真=GLOVEエンターテインメント
専属契約と関して詐欺の疑いで刑事告訴されたパク・ヒョシンが、予定通り単独コンサートを開始した。

29日午後、ソウル・オリンピック体操競技場ではパク・ヒョシンの単独コンサート「パク・ヒョシン LIVE 2019 LOVERS:where is your love?」の公演が開かれた。

今年でデビュー20周年を迎えたパク・ヒョシンは、今回のコンサートのタイトルである「LOVERS:where is your love?」というテーマにふさわしく、パク・ヒョシンとファンが、一緒に話を交わすLOVERS、恋人について考えることのできる特別な映像や選曲を披露した。

「今、僕の前に僕が探していた僕のLOVERS」が観客だと言いながら、コンサートの始まりを知らせたパク・ヒョシンは「僕が誰かの手を握ってあげたいと思い、今回の『LOVERS:where is your love?』公演を作ることになった」と説明した。

また、パク・ヒョシンは「人と人の間で感じる感情を表現するのが少なくなった世界の中で、もう少し暖かい表現をしたらいいと思う。新しく出るアルバムにもそんな話と心を込めたかった」とし、「今日、こうやって歌を歌うように僕が一番上手にできることをしながら皆さんに幸せを与えたい。『恋人』という曲がそうだ」と、新曲「恋人」に対する感想を明かした。

デビュー20周年を迎えたパク・ヒョシンは「20年間、良い記憶と多くの愛をくださって感謝している」と、これまで一様に応援してくれたファンたちに対する気持ちを伝えた。「雪の花」「야생화」など、珠玉のようなヒット曲についても「僕の人生に大きい心を与えてくれた曲」と言いながら、感動あふれるライブを披露した。

パク・ヒョシンは「前回のコンサート以降、3年間待っていた今日この席に一緒にいてくださって感謝している。僕が帰ってくるところはここ『舞台』ということに気づいた」と、公演場に来てくれたファンに感謝の挨拶を伝えた。

一方、最近ある法律事務所は、ソウル西部地検に事業家A氏を代理して歌手パク・ヒョシンに対し、詐欺容疑で告訴状を提出したと明らかにした。

A氏は、法律代理人を通じて「パク・ヒョシンが2014年にAさんと専属契約を口頭で約束し、その対価として約2年の間にわたって高級車、時計、現金など、約4億ウォン単位の金銭的な利益を得たが、これを履行しなかった」と主張した。

これにパク・ヒョシン側は「明確に申し上げることができるという事実は、パク・ヒョシンは専属契約を条件に他人から金銭的な利益を得たことはない」とし、「パク・ヒョシンは現在予定されている公演に集中しており、その件については、公演が終了した後、法的に強硬な措置を取る予定だ。アーティストの名誉を毀損する根拠のない虚偽事実の流布についても厳しく対応する」と伝えた。

パク・ヒョシン、ニューシングル「恋人」を本日電撃リリース…寂しさと孤独に向き合う

パク・ヒョシン、数千万円の詐欺疑惑が浮上…所属事務所が否定「報道は事実と異なる」

記者 : ペ・ヒョジュ