日本人のSM練習生ユウタ、韓国人気バラエティのレギュラーに大抜擢!

10asia |

写真=SMエンターテインメント
SM ROOKIESのユウタが「アブノーマル会談」の新たな日本代表として出演する。

1日、総合編成チャンネルJTBCによると、ユウタが「アブノーマル会談」の新たなメンバーの一人として参加することになった。

SMエンターテインメントのデビューを控えた練習生である「ROOKIES」に所属しているユウタは、1995年生まれの日本人である。既存の日本代表であったCROSS GENEのメンバータクヤに続いて、新たな視点で日本の文化を伝える予定だ。

「アブノーマル会談」は最近、改編の一環としてジュリアン(ベルギー)、ロビン(フランス)、スーザン(ネパール)、イリヤ(ロシア)、ブレア(オーストラリア)、タクヤ(日本)などが降板した。制作陣は新たな6人のメンバーを補充し、雰囲気を一新して新たな国別の話を聞かせるという計画である。

ユウタをはじめとする新メンバーが出演する「アブノーマル会談」は、6日に韓国で放送される。ZE:Aのグァンヒがゲストとして出演する。

記者 : チェ・ボラン