ZE:A シワン、映画「K-POP DREAM CONCERT 2012」来日舞台挨拶に登場

KSTYLE |

(C)Star Empire / IMX
「太陽を抱く月」「赤道の男」など超話題ドラマに立て続けに出演しK-POPアイドルとしてだけでなく俳優としても大ブレイクを果たしたK-POPアイドル界の“演技ドル代表”ZE:Aのシワンが、1月20日に来日し、東京六本木のTOHOシネマズでコンサート映画「K-POP DREAM CONCERT 2012」の舞台挨拶を行った。

映画「K-POP DREAM CONCERT 2012」で、シワンはZE:Aとして出演したほか、日本でも人気の高いKARA、2PMメンバーとともに司会を担当。

「子供の頃からドリームコンサートを毎年見ていた。憧れのステージに歌手として立てただけでも光栄なのに、司会という大役まで任され、夢のようだった。初めての司会の仕事ですごく緊張した。カラフルな風船やプラカードで応援してくださる会場一杯のファンの皆さんの姿が、とても美しかったし、力になった」と当時のことを振り返った。

俳優としての活動についての質問には「演技を学んだことはなかったので、とにかく役になりきることを意識した。これからも積極的にいろんな役にチャレンジしてみたい」と述べ、「(俳優として人気が出たおかげで)テレビに出ることが増え、両親がとても喜んでいる」と、親孝行できた嬉しさを笑顔で語った。

今、韓国は空前の“演技ドル”(俳優としても活動するK-POPアイドル)ブーム。昨年の「太陽を抱く月」出演をきっかけに、最も期待される“演技ドル”として一躍時の人となった彼だが、同ドラマの日本放映をきっかけに、その人気が対岸の日本にも飛び火してくるかもしれない。

シワンは今後、2月7日のZE:A FIVEシングル「The Classic」発売とそれに伴う来日プロモーションイベント、また、3月21、22日にはパシフィコ横浜でのZE:Aとしての単独コンサートなど、来日スケジュールも既に多数決まっており、日本のファンにはたまらない春になりそうだ。

映画「K-POP DREAM CONCERT 2012」は1月25日(金)までTOHOシネマズ系列にて公開。その後もテアトル新宿(1/26~)等、順次全国劇場にて公開予定となっている。

■関連サイト
映画「K-POP DREAM CONCERT 2011&2012」公式サイト
ZE:Aオフィシャルサイト

記者 : Kstyle編集部