防弾少年団 ジョングク、チェ・ヨンジュンの「多分それは」をカバー…曲名が検索ワードにも浮上

Newsen |

写真=Newsen DB、「シュガーマン」キャプチャー
防弾少年団のジョングクが、「多分それは」を歌って話題を集めた中、原曲者のチェ・ヨンジュンが感謝の意を伝えた。

ジョングクは1月15日、防弾少年団の公式Twitterに「多分それは」というタイトルの文章と共に「多分それは」を熱唱する音声を公開した。ジョングクは「僕のお父さんのお気に入りの曲」という説明を付け加えた。

ジョングクは、特有の甘い音色で「多分それは」を完璧に歌いこなした。音声が公開された直後「多分それは」は検索サイトのリアルタイム検索キーワードの上位に浮上し、熱い反響を得た。

歌手チェ・ヨンジュンが歌った「多分それは」は、韓国で1980年代後半を代表するバラードの1つに評価されるほど大きな支持を受け、特に2008年に韓国で上映されたチャ・テヒョン、パク・ボヨン主演の映画「過速スキャンダル」のOST(劇中歌)として登場して話題になった。

防弾少年団のファンたちは、原曲者チェ・ヨンジュンのSNSにもコメントで曲に対する賞賛を続けた。これに対して、チェ・ヨンジュンは自身のSNSに「ARMY(防弾少年団のファンクラブ名)に入会する時が来たのか」というセンスあふれる感想を残して、ジョングクに対する感謝の気持ちを表現した。

防弾少年団 ジョングク、米新聞のマンガに登場?世界的な人気と影響力を証明

防弾少年団 ジョングク、爽やかな近況を公開…抜群のビジュアル


記者 : イ・ハナ