”集団性的暴行の疑い”元FTISLAND チェ・ジョンフン、第一審で懲役5年の判決も…不服として控訴

MYDAILY |

写真=マイデイリー DB
元FTISLAND チェ・ジョンフンが第一審の懲役刑を不服として控訴した。

4日、法曹界によるとチェ・ジョンフンの法律代理人はこの日、ソウル中央地裁に控訴状を提出した。懲役5年の宣告を受けたクラブ・バーニングサンのキム氏も前日に控訴した。

これに先立って第一審の裁判部は先月29日、チェ・ジョンフンに懲役5年を宣告し、性的暴行の治療プログラム80時間履修、児童青少年関連機関への就業制限5年も宣告した。検察が要求した保護観察は棄却した。

チョン・ジュニョンとチェ・ジョンフンら5人は、2016年1月江原道(カンウォンド)洪川(ホンチョン)と、同年3月に大邱(テグ)で泥酔状態の女性を集団性的暴行した疑いなどが持たれている。

裁判部は強制わいせつの容疑については合理的に証明できないと無罪を言い渡したが、特殊準強姦の容疑については有罪であると判断した。

“集団性的暴行の疑い”チョン・ジュニョン&元FTISLAND チェ・ジョンフンら、10回目の公判に出席…検察が保護観察命令を請求

”集団性的暴行の疑い”チョン・ジュニョンが懲役6年、元FTISLAND チェ・ジョンフンが懲役5年の判決…第一審の宣告公判

記者 : ミョン・ヒスク