K-POPの祭典「2018 MAMA」ついにフィナーレ…大賞は防弾少年団の手に!TWICEは3冠を達成

TVREPORT |

「2018 MAMA(Mnet Asian Music Awards)」が香港でラストを飾った。「MAMA WEEK」の長い道のりも終わった。

昨日(14日)、香港のAWE(アジア・ワールド・エキスポ・アリーナ)で行われた「2018 MAMA in HONG KONG」は、Mnetとアジア主要地域のチャンネルで同時生中継された。「MAMA」でしか見られない特別なコラボステージが視線を圧倒し、ジャネット・ジャクソンの登場は「MAMA」の地位を実感させた。

授賞式前に行われたレッドカーペットイベントの間実施された「ベスト・アジアン・スタイル賞」投票では、投票用のハッシュタッグ「#MAMAredcarpet」ツイート量が、2時間半で約1000万件が集まり、Twitterの世界リアルタイムトレンドおよび世界35ヶ国で1位を記録し、もう一度グローバル音楽ファンの高い関心を証明した。

「MAMA」の現場は、国内外のスペシャルアーティストを観に来たファンでいっぱいとなった。それぞれ好きなアーティストを応援するためのグッズをたくさん持ってきたファンたちは、うきうきとした気持ちと明るい表情を隠せなかった。

「2018 MAMA in HONG KONG」は、Mnetの演出力とノウハウが集結したステージで、現場のファンと視聴者を訪れた。最高のアーティストたちは、このステージをより華やかに輝かせた。GOT7、防弾少年団、Wanna One、SEVENTEENなどは最高のパフォーマンスでファンを歓呼を浴びた。元Wonder Girls ソンミ、IZ*ONE、I.O.I出身キム・チョンハ、Heizeなどは最もホットなアーティストとして確かな存在感を、ロイ・キムは感性的なバラードでファンを魅了させた。

ヒップホップ界のレジェンドであるタイガーJKとユン・ミレはBIZZY、SEVENTEENのバーノン、キム・チョンハらとともにスペシャルステージを披露した。Nafla、Swings、The Quiett、Paloalto、CHANGMO、BewhYなどは、韓国ヒップホップの真髄を披露した。後半にはE Sensがサプライズで登場し、ファンを驚かせた。他にもOH MY GIRLと宇宙少女の合同ステージ、MOMOLANDとマミーソンのユニークなステージまで、様々な見所が楽しまれた。

またレジェンドアーティストからホットなグローバルスターまで出席し、「2018 MAMA」の場を輝かせた。

特に“ポップ界永遠の伝説”ジャネット・ジャクソンの登場は、皆を驚かせた。ジャネット・ジャクソンは、自身の名前にちなんだ「Janet Jackson Inspiration Award」を受賞し、さらに意味を加えた。彼女は今回、「2018 MAMA」のキーワードである挑戦、情熱、夢に対して自身の経験とビジョンを盛り込んだ感想を伝えた。ジャネット・ジャクソンは、ホストを務めたソン・ジュンギからトロフィーを受け取り「偏見・差別がなくなるのが私の夢だ。国境を超えて手をつなぎ、1つになる世界を夢見ている」と伝えた。

また、中華圏の新しい4大天王として世界に多くのファンを保有したJJ LIN、中華圏最高の人気スターであるアンジェラ・ベイビーも出席した。

俳優ソン・ジュンギが2年連続で「2018 MAMA in HONG KONG」のホストとしてステージに上がり、授賞式をリードした。キム・ダミ、キム・ドンウク、キム・サラン、キム・ソンリョン、ムン・ガビ、パク・ソンウン、ペ・ジョンナム、ソ・ヒョンジン、ソ・ウンス、ソ・イヒョン、アン・ジェヒョン、イ・ソンビン、イ・エル、イ・ヨウォン、イ・イギョン、イ・ジュンヒョク、イ・ジヌク、イン・ギョジン、チョン・リョウォン、チャ・スンウォン、ファン・ジョンミンなど、韓国国内のスターたちも総出動し、視線を奪った。

特に防弾少年団は「2018 MAMA in HONG KONG」で今年の歌手賞、今年のアルバム賞をはじめとする5部門を受賞し、TWICEは「What is Love?」で今年の歌賞を、そして女性グループ賞、ベストダンスパフォーマンス(ガールズグループ)賞を受賞した。

「MAMA」はCJの文化事業に対する意志や継続的な努力が集約されたグローバル音楽授賞式で、今年10回目を迎える。1999年に「Mnet映像音楽大賞」で始まり、韓国の音楽産業の成長と共に着実に進化しながら約10年間韓国で開催されたが、2009年を起点に「MAMA」にタイトルを変えた。2010年からはマカオを皮切りに世界に進出し、以降2011年のシンガポール、2012年から2016年までは香港で行われ、昨年には3つの地域(ベトナム、日本、香港)での開催にまでつながり、単なる年末の音楽授賞式ではなく、世界の人々が楽しむ音楽フェスティバルであり、グローバルなコミュニケーション窓口、アジア大衆音楽の拡散の場と位置づけられた。

「2018 MAMA」日本に防弾&TWICEら人気アイドル集結…ファン投票で選ばれたTOP10&大賞は?

Wanna One「2018 MAMA」ベストトレンド賞を受賞!今年の新人賞はIZ*ONEとStray Kids(総合)

写真=CJ ENM

「2018 MAMA in HONG KONG」受賞者リスト

◆今年の歌手:防弾少年団
◆今年の歌:TWICE「What is Love?」
◆今年のアルバム:防弾少年団「LOVE YOURSELF 轉 “Tear”」
◆ベストダンスパフォーマンス(ボーイズグループ):SEVENTEEN
◆ベストダンスパフォーマンス(ガールズグループ):TWICE
◆ベストダンスパフォーマンス(ソロ):I.O.I出身キム・チョンハ
◆ボーイズグループ賞:Wanna One
◆ガールズグループ賞:TWICE
◆男性歌手賞:ロイ・キム
◆女性歌手賞:元Wonder Girls ソンミ
◆M WAVE Global Choice:防弾少年団
◆ニュー・アジアン・アーティスト:IZ*ONE
◆ディスカバリー・オブ・ザ・イヤー:MOMOLAND
◆ベスト・ヒップホップ&アーバン・ミュージック:Block B ジコ
◆ベスト・バンド・パフォーマンス:HYUKOH
◆ベスト・OST(劇中歌):SEVENTEEN「A-TEEN 」(ドラマ「A-TEEN」)
◆ベスト・ボーカル・バフォーマンス(ソロ):Heize
◆ベスト・ユニット:Wanna One“トリプルポジション”
◆TikTok most popular artist:GOT7
◆TikTok ベスト・ミュージックビデオ:防弾少年団「IDOL」
◆ベスト・アジアン・スタイル:防弾少年団
◆ベスト・アジアン・アーティスト・マンダリン:JJ LIN

記者 : パク・グィイム