“強制わいせつの疑い”TST(TOPSECRET)キョンハ、突然のグループ脱退を発表…「本人の意見を尊重」

OSEN |

写真=OSEN DB
強制わいせつの疑いで物議をかもしたTST(TOPSECRET)のキョンハ(本名:イ・キョンハ)が、結局グループから脱退することになった。

本日(11日)、複数の関係者によると、TSTのキョンハがグループを脱退したという。TSTも最近、公式ファンコミュニティを通じて「イ・キョンハ君は、本人の事でメンバーに被害を与えたくないという意見を示し、グループから脱退するという意思を明かした」と話した。

続けて「現在、TSTのメンバーたちは活動中止により、精神的に相当疲れており、苦しい時間を過ごしている」「世間に知られたこととは異なる真実を明かすことに集中しようとする本人の意見を尊重し、熟慮の末にキョンハ君のグループ脱退を決めることになった」と説明した。

それから「この事件でファンの皆様にご心配をお掛けしたことを、心よりお詫び申し上げると共に、今後事件がどのようになるか確認ができ次第、ファンの皆様にお伝えするよう努力する」と強調した。

これに先立って、ソウル西部地方裁判所は24日に行われた第1審で、キョンハが10代だった2014年12月頃、同い年の女性を相手に強制わいせつをした疑いで懲役1年6ヶ月、執行猶予3年を宣告し、40時間の性暴力治療プログラムの履修を命じた。

これに対し、事務所は強制わいせつの疑いを認めず、告訴した。メンバーが活動する過程で傷つくのではないか心配しているという立場を明かし、対応を予告した。キョンハ側は先月29日、告訴状を提出した。

しかし、議論は簡単に収まらなかった。まず、アイドルグループのメンバーとして、強制わいせつの疑いが持たれたこと自体がイメージに打撃を与え、特にTSTのカムバック活動にも悪影響を与えた。

TSTは昨年1月に7人組としてデビューした。

TST(TOPSECRET)キョンハ、強制わいせつで有罪判決…所属事務所は控訴

TOP SECRET キョンハに「セクハラ論争」…所属事務所がコメント発表

【ファンコミュニティ 掲載文 全文】

こんにちは。JSLカンパニーです。

まず、TST(TOPSECRET)を大切にし、愛してくださったファンの皆様に心より感謝申し上げます。

本日は、TSTのこれからの活動について、正式な立場を発表いたします。

現在、TSTのメンバーたちは活動中止により、精神的に相当疲れており、苦しい時間を過ごしています。これを受け、TSTのメンバー キョンハ君は、本人のことでメンバーたちに被害を与えたくないという意見を示し、グループから脱退する意思を明かしました。

その後、JSLカンパニーとTSTのメンバーたちはキョンハ君と十分話し合い、世間に知られた事実とは異なる真実を明かすことに集中したいという本人の意思を尊重し、熟慮の末に、キョンハ君のグループ脱退を決めることになりました。

この事件で、ファンの皆様にご心配をお掛けしたことを心よりお詫び申し上げると共に、今後事件がどのようになるか確認でき次第、ファンの皆様にお伝えするよう努力します。

これから私たちJSLカンパニーとTSTのメンバーたちは、いつも応援し、愛してくださっているファンの皆様のために、より良い音楽と活動で恩返しできるよう努力します。また、TSTがファンの皆様と一緒にできるよう、ベストを尽くすことをお約束します。

TSTに変わらぬ応援と愛をお願いします。ありがとうございます。

記者 : キム・ウネ