【REPORT】2日目は新人から大先輩の貫録と余裕のパフォーマンスまで多彩なラインナップ ― 「KCON 2018 JAPAN×M COUNTDOWN」2日目

KSTYLE |

© COURTESY OF CJ E&M
K-POP、K-DRAMA、K-BEAUTY、K-FOODなど韓国の多様な文化を経験することができる世界最大級のコンベンション型フェスティバル。日本開催4回目となる「KCON 2018 JAPAN」が4月13日、14日、15日の3日間、幕張メッセ国際展示場にて開催された。3日間を通じて、夜には「M COUNTDOWN」のライブが実施され、今年も豪華かつ多彩なアーティストが華やかなステージで観客を魅了した。


Stray Kidsは新人らしからぬ堂々としたステージ

© COURTESY OF CJ E&M
2日目のトップを飾ったのはJYPの新たなボーイズグループStray Kids。3月末に韓国デビューしたばかりだが、サバイバル番組「Stray Kids」を通じてすでに熱いファンを獲得している彼らは「INTRO」から続いて、ヒップホップとロックとEDMを融合したデビュー曲「District 9」でセンターステージに登場すると、強烈なビートに合わせた力強いパフォーマンスで圧倒。

© COURTESY OF CJ E&M
MCではリーダーのバン・チャンが日本語で「僕たちのことを知っている方はいますか? Stray Kidsは決まりきった枠を破って飛び出そうという意味のグループです」と自己紹介。メインボーカルのウジンは「今日初めてパフォーマンスをすることができて、とても感動していま~す」と愛嬌たっぷりにコメントすると、突然HYの「366日」をアカペラで披露し、伸びやかな高音と発音の良い日本語に驚きの歓声が。続いては、スンミンの「僕たちが番組「Stray Kids」で初めて披露した曲です」との紹介から「Hellevator」へ。新人らしからぬ堂々としたステージで強烈な印象を残した。


若いエネルギーを爆発させたTRCNG

© COURTESY OF CJ E&M
2番手は、平均年齢16.3歳の10人組ボーイズグループTRCNGが登場。好きな少女の前で本能が芽生える少年を表現したエレクトロニックスイングダンスナンバー「WOLF BABY」で、ダイナミックで息の合ったダンスとともに愛嬌満点の表情演技で観客にアピール。サビのラップパートではカリスマあふれるウォーキングでセンターステージに移動し、そのままMCへ。ウヨプが「日本のファンのみなさんのために、メインボーカルのカンミンがB-BOYダンスをします」と紹介すると、カンミンは「できるかな~」とかわいらしく言いながらもフリーズを見事に決め、他のメンバーたちは「すごいですね~」と盛り上げた。2曲目は日本デビューシングル「Spectrum(Japanese.ver)」で、若いエネルギーを爆発させた。

© COURTESY OF CJ E&M
 

GFRIENDのスぺシャルステージをエスクプスとウォヌが楽しく紹介

ここで「熱く盛りあがってみなさんは、アジュナイス! きれいだ!」と言いながら、SEVENTEENのエスクプスとウォヌがMCで登場。これまでの新人2組のステージについて「空気清浄機よりももっとフレッシュな空気、温かいこたつよりももっと熱気を感じる。僕らが初めてKCONの舞台に立ったときのトキメキを感じます」と感想述べると、次に控えたステージについては、ウォヌが「恋のトキメキを感じますね」と紹介。するとエスクプスの「春といえば恋の話ですよね」のコメントから2人の掛け合いが始まり「僕らのエスクプスお兄ちゃん、恋がしたいんですね~。認めますか?」「認めます! CARAT(SEVENTEENのファン名)限定でね」「では、エスクプスお兄ちゃんのように恋愛細胞が乾いてしまったみなさんのために、死んだ恋愛細胞も生き返る愛の歌をお聞かせします」「今年の春、恋愛がしたいならこのステージに耳を澄ませてください~」と楽しくスペシャルステージを紹介した。

それを受けて登場したのは、GFRIENDのボーカルラインのユジュ&ウナ。ピンクのワンピースとブルーのブラウスの春らしい装いの2人は、LOCOとユジュのコラボ曲でドラマ「匂いを見る少女」のOST「Spring Is Gone by chance」と、ウナが「覆面歌王」で披露したことのあるHeyの楽曲「Je t'aime」をリミックスバージョンで歌い上げ、かわいらしいウナの声とユジュの力強いボーカルが織りなす爽やかなハーモニーに観客は酔いしれた。
 

スタイルが異なるラッパーSik-KとReddyの競演

© COURTESY OF CJ E&M
次は雰囲気が一転し、まったくスタイルが異なる2人のラッパーの競演。まずは「SHOW ME THE MONEY4」でその名を知られたKヒップホップ界のニュースターSik-Kが上手のサブステージに登場。彼女がいないPartyから早く帰りたい気持ちを表現した「party」を、セクシーで甘いボイスで披露し、独特のサウンド、ユニークなファッションなど、見どころ満載のステージで盛り上がった。続いて下手のサブステージには「SHOW ME THE MONEY5」のセミファイナルに進出し、デザイナー、モデルとしても活躍するマルチなアーティストReddyが現れ、自分を白鳥の中にいるフラミンゴに例えた「Flamingo」と、女性を甘いフルーツに例えた歌詞が印象的な「Peach」のステージを。淡々と、それでいて重厚で力強いラップで独自の世界観に誘った。

© COURTESY OF CJ E&M
大きな歓声が鳴り響くと「みなさんと近くで会いたくてやってきました」と、客席にSEVENTEENにスングァン、ジョンハン、ジョシュアがMCで登場。会場の熱気を肌で感じたジョンハンは「僕らが最初にKCONに出演したのは2016年ですが、そのときはこんなに大きな歓声をあげてくれるとは想像ができなかったです。そのときの感動は今でも忘れられません」とコメント。スングァンは「今日はどのアーティストの公演を見にきたのですか? あ~、SEVENTEEN!!」と爆笑をとり、ジョシュアが「それ以外では~?」と尋ねると、客席からさまざまなアーティストの名前が飛び交った。3人は合わせて6月からMnetでスタートするオーディション番組「PRODUCE 48」についても楽しく紹介。
 

初出演にうれしさを爆発させたfromis_9

© COURTESY OF CJ E&M
5組目のアーティストは韓国初のガールズグループ養成専門機関として話題を呼んだサバイバル番組「アイドル学校」から誕生したfromis_9。センターステージにせりあがって登場すると「INTRO」からポップなダンス曲「To Heart」を披露した。続いては「アイドル学校」のファイナルミッション曲「Pinocchio」。

© COURTESY OF CJ E&M
後半のダンスは、360度囲むファンに見えるように、8人(ギュリは個人スケジュールのために欠席)が散らばってパフォーマンスする気遣いも見せた。MCではセロム「私たちが待ちに待っていたKCONのステージに立つことになりました。新人なのに、このような大きなステージに立てることにとても感謝します。たくさん応援していただいて光栄です」、ジソン「ドキドキしていますが、幸せです」、ソユン「みなさん、楽しいですか? 私たちもとってもうれしい~。楽しい~です」と、それぞれがうれしい気持ちを爆発させた。

© COURTESY OF CJ E&M
さらにセロムがKCON出演を記念してハヨンに壁ドンをすると「ドキドキ」と愛らしくリアクションするハヨンに大歓声があがった。最後はデビュー曲の「Glass Shoes」で締めくくり、妖精のような愛らしさで観客のハートをつかんだ。


新曲を最速公開したIMFACTと、新メンバー加入で話題のBLKの魅力対決

© COURTESY OF CJ E&M
6組目は、全員が作詞・作曲・プロデュースをこなす才能あふれる5人組ボーイズグループIMFACT。4月17日にリリースするパワフルな新曲「THE LIGHT」を最速で公開し、曲のイメージに合わせた強烈なビジュアルやファッションでも目を引いた。2曲目はメンバー全員が作詞・作曲を手掛けたHIPHOPナンバー「Feel So Good 」。アルバムごとに新しい変化を試みる彼らの音楽性は実に多様だが、この日のステージでは、反抗的な男性美をアピールした。

7組目はアクロバティックなパフォーマンスを得意とするBLKで、KCON出演を機に新メンバーのミンミンが加わって話題を呼んだ。東洋的な旋律が引き立つ曲「HERO」での、武士や暗殺者を連想させるような振付や、ダンスブレイク部分でのアクロバットなパフォーマンス。続く「Kiss Me Babe」は一転して、ポップな楽曲で甘い雰囲気を演出した。

© COURTESY OF CJ E&M
BLKがパフォーマンスを終えるとIMFACTが合流し、2つのチームが5つのキーワードで魅力を紹介するコーナーへ。「PROFILE」でチーム名の由来。「TITLE」では、タイトル曲の説明。「PERFORMANCE」では、ポイントダンスを実演。「UNIQUE」では、ジェオプが特技のマーシャルアーツを、ソリムがアクロバット技を披露すると大歓声があがった。最後の「MESSAGE」では、イサンが「新曲で帰ってきました。ステージでIMFACTの出口がない魅力をお見せします」と、テビンが「今日から僕たちが6人から7人になりました。新しいメンバーと頑張りますので応援してください」と意気込みを語った。


GFRIENDの魅力が詰まった完璧なセットリスト。かわいいモーニングコールにも大歓声

© COURTESY OF CJ E&M
8組目は5月に日本デビューが決まったGFRIEND。清純で健康的なかわいらしさがあふれた楽曲「LOVE WHISPER」で会場全体をGFRIENDの色に染めると、かわいらしさとダイナミックさを共有させたダンスが見事な「Rough」と、レトロなシティ・ポップ風のサウンドに力強いボーカルが映える「NAVILLERA」を日本語バージョン&メドレーで披露。さらに誰をも笑顔に変える鉄板ソング「Me gustas tu」も日本語バージョンで。GFRIENDが持つ魅力をすべて詰め込みつつ、日本デビューも見据えた完璧なセットリストとステージに拍手が鳴りやまなかった。

© COURTESY OF CJ E&M
MCでは、リーダーのソウォンが「このように久しぶりに日本に来て、KCONでみなさんとお会いできてとてもうれしいです」と挨拶した後、“Let's Play”と題したミッション遂行コーナーへ。シンビが「GFRIENDだから彼女みたいに、そして5月にデビューするために日本語を勉強しているので、日本語でモーニングコールをしましょう」とミッションを説明すると、メンバーはいっせいに「タルル~ン」とかわいく韓国語で呼び出し音を再現。

© COURTESY OF CJ E&M
ユジュは「NAVILLERA」の歌を日本語バージョンで。オムジは「やばい、やばい、遅刻しちゃうよね」。イェリンは「起きてください。起きてくださいね」。シンビは「起きないの? 早く起きてね」。ウナは「起きて、起きて! ウナと一緒に楽しく過ごしましょう」。ソウォンは「ダメ、ダメ。遅れるよ。早く起きてください」と、それぞれが愛くるしいモーニングコールを披露した。最後はソウォンがリーダーの権限で “今日のGFRIEND”を選出。選ばれたオムジとイェリンが、スクリーン映し出された観客と一緒に映像ツーショットを楽しんだ。


後輩Stray Kidsとのコラボで登場したWOOYOUNGは貫録と余裕のパフォーマンス

© COURTESY OF CJ E&M
続いて、メインステージのスクリーンに「GO CRAZY!」の文字が映し出されると、カラフルな衣装に身を包んだStray Kidsが再び登場し、2PMの楽曲「GO CRAZY!」をパワフルにカバーした。さらには「Hans Up」へつなげ、サビのWOOYOUNGのパートになると、JYPの先輩WOOYOUNGがスモークの中から華々しく登場。観客は待ってましたとばかりに大きな歓声をあげた。

もちろん9番目のアーティストはWOOYOUNG(from2PM)。バックダンサーをしたがえて登場すると、今年1月に5年半ぶりにリリースしたソロミニアルバムの収録曲「Going Going」と「思う存分」を披露し、エネルギッシュなパフォーマンスで会場をホットに盛り上げると同時に自らも汗だくに。続いては後輩GOT7のために書き下ろしたヒット曲「Yo モリアガッテ Yo」へ。センターステージ、さらには左右のサブステージへとくまなく動き回って観客とアイコンタクトをとると、あまりに熱くなったのか、重ね着していたジャケット、パーカーを1枚1枚と脱ぎ捨てて、最後はTシャツ一枚に。MCではコール&レスポンスで「みなさん楽しんでる? どれくらい? 誰が一番好き?」と呼びかけて「ウヨーン」との歓声があがると満足そうな笑顔を浮かべた。

© COURTESY OF CJ E&M
最後の挨拶では「今日は本当に感謝しています。ここでみなさんと会えて、Stray Kidsと一緒にステージに立つことができて。みなさんも思い切り楽しんでください。Say 2PM! Say Stray Kids!! Say JYP!! 」と感情を爆発させ、この場にいない2PMメンバーへの愛情を表現したWOOYOUNGの姿に感動して涙するHottest(2PMのファン)も。ラストは日本ソロミニアルバム「Party Shots」からの楽曲「想像してみて」。サビで両手を伸ばすポイントダンスは、曲を知らない人も一緒に手を挙げて盛り上がった。自らも楽しみながら、観客を巻き込んで楽しませる貫録と余裕のステージに改めてWOOYOUNGの実力や人柄を再認識した。


日本アリーナツアーを凝縮したようなステージSEVENTEEN。13種類のミッション遂行も大盛り上がり

© COURTESY OF CJ E&M
ここで、最後を飾るアーティストを紹介すべく、GFRIENDのウナとオムジがMCで登場。「最後のステージは、私たちと共通点が多いです。同じ5月に日本デビューするグループです」とかわいらしく紹介すると、登場したのは、もちろんSEVENTEEN。まずは各チームによるスペシャルステージで、左右のサブステージでヒップホップチームが「言行一致」を、センターステージでボーカルチームが「Habit」を、そしてメインステージではパフォーマンスチームが「HIGHLIGHT」を流れるように披露し、大歓声を受けた。曲が終わるとスクリーンの中にディノが現れて「一緒にしてみましょう! 1、2」と次の曲を予告。ライブには欠かせない曲となった「CLAP」で、「ウーチャチャチャ」と拍手と掛け声の大合唱。観客の興奮は最高潮に達した。

© COURTESY OF CJ E&M
MCではホシが「KCONに完全体で来たのは初めてです。日本デビューの準備もしていますよ」とコメントすると、去年は怪我のために来られなかったバーノンは「日本のKCONは初めてなので、とても気分がいいです」と答えた。“Let's Play”コーナーでは、SEVENTEENの17にちなみ、170秒で13種類のミッションを。愛の告白を課せられたドギョムは「本当に会いたかった」。ディエイトは”両端の人にくすぐられて耐える“ミッションでドギョムとジョシュアからおもいきりくすぐられるも、かっこいい表情で耐える姿に拍手喝さいが。ジョシュアは早口で言いにくい単語を5回言うミッションを、ホシは”悲しみ、怒り、愛を表現して“を愛嬌満点にクリアした。”身体を使って5段階のハートを作れ“のウォヌは、指ハート、腕ハート、最後は両手で大きなハートを作ってみせた。スングァンは“自信のあるガールズグループのダンスを踊れ“でGFRIENDの「FINGERTIP」を恥ずかしそうに披露。”ファッションセンスの悪い人をハグ“に対してジュンは、悩んだ末に自分を抱きしめて爆笑を誘った。“一番言ってみたいセリフ”がミッションのエスクプスはドラマ「トッケビ~君がくれた愛しい日々~」のセリフで「サランヘ(愛してる)」とつぶやき、バーノンをハグする様子に黄色い歓声が。

© COURTESY OF CJ E&M
ジョンハンは“撮ってみたいCMと、それに見合ったポーズ”のミッションに対し、なんのCMかは答えぬままシャツをはだけさせると、観客は一斉に悲鳴に似た歓声をあげた。“過去の自分にアドバイス”のミンギュは韓国語で「今まで一生懸命に生きてきて……」と長々とつぶやき続けたが、スングァンに「早く、早く~」とせかされて苦笑い。“「CLAP」のかわいいバージョンをやって”のディノは指ハートを作って拍手して、最後は大きなハートを。ラストはウジが“5ヶ国語で挨拶”のミッションを「アンニョンハセヨ、こんばんは、ニーハオ、ハロー、サワディカ」と見事にクリア。そしてホシ、ジョンハン、ミンギュが代表して、ファンとの映像ツーショットの交流を行った。再びライブに戻ると「Mansae」では、総立ちで両手をあげて大合唱。最後の「VERY NICE」では、キレキレに踊ったかと思うと、途中メンバーがあちこちに広がってファンとの交流を楽しんだ。短い時間ながらも、今年2月に行った日本アリーナツアーを凝縮したようなセットリストにCARATたちは大満足。もちろんファン以外の人もSEVENTEENの圧倒的なパフォーマンスと明るいエネルギーを体感するステージだった。


先輩WOOYOUNGの男気あふれる対応と、敬意を称した後輩たちの感動のエンディング

© COURTESY OF CJ E&M
この日、圧巻だったのはエンディング。全アーティストが散らばって観客に挨拶した後、順番にはけてゆくのが通常だが、WOOYOUGが自発的に指揮を執って全員にメインステージに整列するように促すと、改めて観客に向かって感謝の気持ちを表した。KCONに関わるスタッフへも感謝の言葉も忘れずに述べたWOOYOUNGの男気あふれる対応と先輩としての貫禄、そして先輩に敬意を称する後輩アーティストたちの姿に観客は感動。その日の夜SNSは称賛コメントであふれかえった。

ライター:安部裕子

【REPORT】Wanna Oneに熱狂!初日は「プロデュース101」出身人気グループが勢揃い ― 「KCON 2018 JAPAN×M COUNTDOWN」1日目

【REPORT】3日目は話題の新人ボーイズグループと、人気爆発中のアーティストが集結…「KCON 2018 JAPAN×M COUNTDOWN」― 3日目

「KCON 2018 JAPAN×M COUNTDOWN」
日時:2018年4月14日(土)開場:18:00 / 開演:19:00
会場:幕張メッセ国際展示場2~3ホール
出演者:BLK / fromis_9 / GFRIEND / IMFACT / Reddy / SEVENTEEN / Sik-K / Stray Kids / TRCNG / WOOYOUNG(from 2PM)

【セットリスト】
01. INTRO Perf + District 9 / Stray Kids
02. Hellevator / Stray Kids
03. WOLF BABY / TRCNG
04. Spectrum(Japanese.ver) / TRCNG
05. pring Is Gone by chance + Je t'aime / GFRIENDユジュ、ウナ
06. party / Sik-K
07. Flamingo + Peach / Reddy
08. INTRO + To Heart / fromis_9
09. Pinocchio / fromis_9
10. Glass Shoes / fromis_9
11. THE LIGHT / IMFACT
12. Feel So Good / IMFACT
13. HERO / BLK
14. Kiss Me Babe / BLK
15. LOVE WHISPER / GFRIEND
16. Rough + NAVILLERA(Japanese.ver) / GFRIEND
17. Me gustas tu(Japanese.ver) / GFRIEND
18. GO CRAZY! + Hands Up / Stray Kids With WOOYOUNG(From 2PM)
19. Going Going(Korean.ver) / WOOYOUNG(from2PM)
20. 思う存分 / WOOYOUNG(from 2PM)
21. Yo モリアガッテ Yo / WOOYOUNG(from2PM)
22. 想像してみて / WOOYOUNG(from2PM)
23. 言行一致 + Habit+HIGHLIGHT / SEVENTEEN
24. CLAP / SEVENTEEN
25. Mansae / SEVENTEEN
26. VERY NICE / SEVENTEEN

『KCON 2018 JAPAN』開催概要
開催日:2018年4月13日(金)、14日(土)、15日(日)
時間:10:00開場 / 18:00終了
開催場所:幕張メッセ国際展示場 4~6ホール

【放送情報】
「KCON 2018 JAPAN x M COUNTDOWN」
CS放送「Mnet」 / 動画配信サービス「Mnet Smart」


本放送:4月19日(木)18:00~20:50
再放送:4月21日(土)深 1:00~3:50[字幕なし]
4月22日(日)20:15~23:00、4月24日(火)10:15~13:00[字幕なし]

出演者:CHUNG HA、gugudan、MOMOLAND、PENTAGON、RAINZ、Samuel、VICTON、Wanna One、WJSN、BLK、fromis_9、GFRIEND、IMFACT、Reddy、SEVENTEEN、Sik-K、StrayKids、TRCNG、WOOYOUNG(From 2PM)、Golden Child、Heize with Davii、IN2IT、MONSTA X、N.Flying、SF9、SUNMI、THE BOYZ、TWICE

2018年 Mnet Korea / 170分(予定) /日韓同時放送・配信
詳細情報:http://jp.mnet.com/program/1987

※コンベンションの模様は、2018年6月より順次放送予定!

Ment:http://jp.mnet.com/
Mnet Smart:http://smart.mnet.com/

記者 : Kstyle編集部