【REPORT】3日目は話題の新人ボーイズグループと、人気爆発中のアーティストが集結…「KCON 2018 JAPAN×M COUNTDOWN」― 3日目

KSTYLE |

© COURTESY OF CJ E&M
K-POP、K-DRAMA、K-BEAUTY、K-FOODなど韓国の多様な文化を経験することができる世界最大級のコンベンション型フェスティバル。日本開催4回目となる「KCON 2018 JAPAN」が4月13日、14日、15日の3日間、幕張メッセ国際展示場にて開催された。3日間を通じて、夜には「M COUNTDOWN」のライブが開催され、今年も豪華かつ多彩なアーティストが華やかなステージで観客を魅了した。


トップバッターはカル群舞に大歓声のGolden Child

© COURTESY OF CJ E&M
一組目はINFINITEの弟分で十人十色の個性あふれるメンバーが揃ったGolden Child。制服風の衣装で登場すると「INTRO」から始まり、好きな相手に告白する少年の心を歌った「It's U」でハツラツとしたパフォーマンスを披露。INFINITEの背中を追いかけて「シンクロ率99.9%」を目指す彼らの一糸乱れぬカル群舞(体を曲げる角度から指先まで完璧な刃物のように合わせるダンス)に大歓声があがった。MCでは、客席を見渡して「こんばんは~」「来てくださってありがとうございます」「きれいです」と自分たちも感動の様子。デヨルは「KCONに初参加で、とてもワクワクしています」。ドンヒョンは「少し緊張していましたが、みなさんの前でパフォーマンスできて、今は本当にうれしいです」と感想を。

© COURTESY OF CJ E&M
そして日本のファンのために準備したAKB48の「ヘビーローテーション」をアカペラで披露した。続いては、TAGの「僕たちのデビュー曲です。とてもかわいくて明るい曲なので楽しんでください。振り付けもとても簡単なので、みなさん一緒にやってみてください」との曲紹介から「DamDaDi」へ。聞けば聞くほど中毒になる「ダムダディ ダムダディ ダムダディ ダディダディダム」のフレーズを観客も大合唱で盛り上がった。

ここでMONSTA XのキヒョンとミニョクがMCとして登場。キヒョンは「1年ぶりなのでみなさんに会いたかったです」と挨拶すると、ミンヒョクは「KCONには僕らもたくさんの思い出がありますが、ここ幕張メッセを埋め尽くしてくれたみなさんのように、いつも熱烈に応援してくれるファンのみなさんが一番記憶に残っています。今日もそのような応援を期待してもいいでしょう?」と観客をもりあげた。そして“今日逃してはいけないモーメント”としてキヒョンが「このダンスを一緒にしてください」と SUNMI(ソンミ)の「Gashina」を歌って踊って紹介。ミニョクも「TWICEの新曲ステージも一緒に楽しんでください」と続けた。さらにキヒョンは「絶対、絶対、逃してはいけない瞬間。MONSTA Xのステージもあります」と自らのステージもアピール。


イケメン集団THE BOYZには黄色い歓声が!

© COURTESY OF CJ E&M
2番手には、ミニョクから「2018年のホットルーキー」と紹介されたTHE BOYZがセンターステージに登場。ブラックの王子様風のスーツの背中に背番号が入った斬新な衣装で新曲「Giddy Up」を披露した。MCではソヌが「僕らがデビューしたらまず立ちたい舞台がKCONだといつも言っていたので、このように立つことができて光栄です」と挨拶。また「日本のみんな愛してる」と愛嬌を振りまいたり、ラップや歌を短く披露するなど、わずかな時間ながらもTHE BOYZの魅力を存分にアピール。

© COURTESY OF CJ E&M
2曲目は「Into」から、最初の一歩を踏み出すTHE BOYZのときめきと緊張、ドキドキ感を表現したデビュー曲「Boy」。ダイナミックなパフォーマンスに加え、全員が飛びぬけたルックスを持つことでも知られる彼らのアップが巨大スクリーンに抜かれるたびに黄色い歓声があがった。


幕張をディスコ会場にしたIN2IT

3番目はMnetのサバイバルオーディション番組から誕生したIN2IT。ジンソプが健康上の理由で脱退して7人組となり、初めてリリースする新曲「SnapShot」を最速初披露した。レトロフュージョンをコンセプトにした楽曲で、メンバーたちがモデルのようなウォーキングをしたり、カメラのシャッターを切るような振り付けで華やかなステージとなった。昨年は「少年24」の選抜メンバーUNIT BLACKとして出演したメンバーもいる彼ら。インホは「KCONは1年ぶりですね」。ヒョヌクは「僕たちに会いたかったですか?」。アイジェクは「僕たちも、すご~く会いたかったです」と挨拶。インホは「ここに何人集まったか知ってる? 35億!」とのギャグも披露。そして「次の曲はみなさんの前で初めて歌います。それでは1980年に戻りましょうか」と次の曲を紹介し「Be Bop Baby」を初披露。昔のディスコのような懐かしさが楽しいダンスに観客も自然と手拍子。曲が終わると大きな歓声に包まれた。

© COURTESY OF CJ E&M
客席にMONSTA XのジュホンとヒョンウォンがMCで登場。ヒョンウォンは「僕たちがKCONを通じてみなさんと会ってもう3年目です。毎年参加したいし、いつもワクワクします」とコメント。そして次のスペシャルステージについて、ジュホンが「最近話題のボーイズグループのボーカルラインが伝説のアイドル東方神起の曲を披露します」。ヒョンウォンは「みなさんも一緒に歌ってください」と紹介。最後は「口だけじゃなくて僕らも練習しましょう」と歌って見せた。

センターステージに置かれたスタンドマイクの前に立ったのは、N.Flyingのユ・フェスン、THE BOYZのヒョンジェ、Golden Childのボミン、SF9のインソンの4人。それぞれ異なるカラーを持った各グループのメインボーカルが東方神起の「Love in the ice」を熱唱すると、客席は全身を耳にして静まり返った。


Heize with Deviiは未公開曲を初披露

© COURTESY OF CJ E&M
4番目に登場したのはKCONの常連。女性ラッパーたちのサバイバルオーディション番組「UNPRETTY RAP STAR」で注目を集めた韓国を代表する女性アーティストHeize。「didn't know me」を、Heizeならではの切ないボーカルでしっとりと歌い上げた。MCでは「去年よりももっと多くの人が来てくれたようですね。次の曲は、私の歌を好きな方ならみんな知っていると思うミュージシャンDaviiさんを紹介します」と、音楽パートナーのシンガーソングライターDaviiを紹介。

© COURTESY OF CJ E&M
Daviiは「次の曲はまだ発表されていない曲ですが、KCONにお越し下さった方だけにお聞かせします」と曲を紹介し、甘いデュエット曲「You like me?」を初披露した。続いてDeviiがソロで、ドラマ「賢い監房生活」のOST「That's the way it goes」を柔らかくも力強い歌声で歌い上げ、会場はしっとりとした雰囲気に。


SF9とN.Flyingは個人技でも魅力をアピール

© COURTESY OF CJ E&M
5番目のアーティストは“世界を驚かせる少年たち”のコンセプトのとおり、新曲のたびに多彩かつ斬新なコンセプトで驚きを与えてくれるSF9。「INTRO」から、レトロ風サウンドにミュージカル風の演出が話題となった「MAMMA MIA!」を披露。メンバーたちの豊かな表情が巨大スクリーンに映されると、観客も自然と笑顔に。MCではテヤンが「僕たちが去年に引き続き日本のKCONに来ました。このような素晴らしい場所でみなさんとお会いできて、すごくパワーをもらいました」と挨拶。そして、KCON出演の記念に準備したとしてロウンが「ひょっこりローウン」と今流行のひょっこりはんのギャグで爆笑を誘うと、負けじとテヤンとチャニはダウォンのビートボックスに合わせてセクシーダンスを披露。2曲目は太陽のように情熱的な愛を表現したラテンポップ.「O Sole Mio」。闘牛士をイメージさせるマタドールダンスで盛り上がった。

© COURTESY OF CJ E&M
ここで再びキヒョンとミニョクがMCで登場。キヒョンが「最近、音楽やダンスを作り、プロデュースまでするアイドルが増えて、K-POPがどんどん発展している」と発言すると、ミニョクは「ある程度は同意するけど、少し同意できない部分がある」とし、TWICEの「TT」の「ノムヘ ノムヘ」を実演しながら「このようなパフォーマンスや、言葉では表現できないエナジーなど、魅力を挙げたらきりがないです」と語り、この後にもK-POPの魅力が詰まったステージがたくさんあることを予告した。

© COURTESY OF CJ E&M
6番目は去年6月にユ・フェスンが電撃加入し、5人組となった新生N.Flyingがセンターステージに登場。「INTRO」から、アツアツのじゃがいものようなホットな存在になるという意気込みが込められた「Hot Potato」を披露すると、観客は「N.Flying、Hot!」と熱いコールで応えた。続いて、理想の女性に出会ってときめく心を表現した「The Rea」へ。ボーカルのスンヒョプとフェスンだけでなく、ベースのクォン・グァンジンとギターのチャ・フンもステージを可能な限り動き回って客席を盛り上げた。

© COURTESY OF CJ E&M
MCでは、スンヒョプが「日本のみなさんに会いたかった。今日とても幸せです」。キム・ジェヒョンは「KCONにはカッコいい思い出、きれいな思い出しかないです」。フェスンは「KCONの準備をするとき、とても期待して、とてもワクワクしました」と挨拶。そして、メンバーが日本のファンのために準備したものも披露。グァンジンは「ありがとう」を造語にしたとして「みなさん来てくれてアリアリね」と愛嬌たっぷりにコメント。フェスンは「日本のみなさんに会いたかった。みんなよろしくね」と練習してきた日本語を。フンがひよこの鳴きまね「ピヨピヨ」と披露すると、客席からは「かわいい~」の大歓声が。


セクシーなのに天然なSUNMIにファン急増

© COURTESY OF CJ E&M
7番目は新しい音楽を披露するたびに魅力的かつ破格的なコンセプトを披露し、女性ソロアーティストのアイコンとなっているSUNMI(ソンミ)。1曲目は「INTRO(Full Moon)」からの「Heroine」。愛に傷ついて凍りついていく女性の気持ちを艶やかな歌声とカリスマあふれるパフォーマンスで表現すると、ソンミワールドが全開!! 続いて裸足での妖艶なパフォーマンスでSUNMIの名を一躍とどろかせたソロデビュー曲「24hour」へ。

© COURTESY OF CJ E&M
MCでは「日本で皆さんに会えて本当にうれしいです。私、日本語ちょっと忘れちゃった。今、全部忘れちゃった。ごめんね、ごめんなさい。次の曲は、なんでしたか? 日本に来て本当に……モルラ(わからない)」と、なかなか出てこない日本語に自分でつっこみながら話す天然ぶりに観客は大爆笑。セクシーなのに同性のファンが多いのは、このギャップゆえで、また新しいファンを獲得したようだ。3曲目は、失恋を乗り越えて強くなっていく女性を表現して大ヒットを飛ばした「Gashina」。中毒になるリズムと何度でも繰り返して見たくなるパフォーマンスで観客を魅力して止まなかった。

© COURTESY OF CJ E&M


ボーイズグループのスペシャルステージも必見

次は雰囲気が一転して、若さあふれるボーイズグループによる伝説のガールズグループのヒットメドレー。THE BOYZはKARAの「Lupin」をキュートに、Golden ChildはBoAの「Atlantis Princess」をさわやかに、SF9は少女時代の「Run Devil Run」をかっこよく披露して、スペシャルなステージに大歓声があがった。

MCで登場したのはN.Flyingのスンヒョプとフェスン。スンヒョプが観客にスペシャルステージの感想を尋ねると、フェスンは「実は僕もできます」と3曲のサビのダンスと歌を短く披露し、次の機会にはN.Flyingも多様な姿を見せると宣言した。


全曲カラーが違った曲で多彩な魅力を見せつけたMONSTA X

© COURTESY OF CJ E&M
8番目はMCでも大活躍のMONSTA X。「INTRO」で登場し、男の嫉妬心を率直ながらもパワフルに表現した楽曲「JEALOUSY」を披露。セクシーかつカリスマあふれるパフォーマンスで観客の興奮はマックスに。その興奮も冷めやらぬまま、ミッションを遂行する“Let's Play”のコーナーへ。3つのキーワードに合わせたダンスを絶対に笑わずに行うことが発表されたが、ここでジュホンが「笑顔ない」と日本語でつぶやいたためにメンバーも観客も大爆笑に。最初のキーワードは「SEXY」で、ミニョクは「最近セクシーなのはI.Mくん」と推薦。するとI.Mは腰をくねらせて、さらには上着をはだけさせつつ、最後は「すみません」と恥ずかしそうに謝った。次の「LOVELY」はキヒョンがショヌを推薦すると、メンバーは一斉にショヌコール。ショヌはMONSTA Xの「Trespass」をBGMにして精一杯かわいさを振りまいた。「POWER」は、キヒョンが「僕の考えでは……」と言おうとするのをミニョクがさえぎり、I.Mが「エムさん(僕の)考えでは、キヒョンさん」と指名。キヒョンはパワフルに踊った後、天を見上げるようなポーズを見せて大歓声を受けた。

© COURTESY OF CJ E&M
客席とのツーショットは、ショヌがウォノとミニョクを指名。ふたりはスクリーンに映ったファンにほっぺにキスをせがむなど、パフォーマンスのときのカリスマとは正反対のお茶目な姿を見せて観客のハートをわしづかみにした。ライブに戻って、次は愛する女性をスポットライトの光に例えた日本オリジナル曲「SPOTLIGHT」。骨太のヒップホップ曲で迫力あるパフォーマンスを見せると、続いて「BEAUTIFUL」も披露。客席は「ア! ルン! ダ! ウォ!」「So beautiful! so beautiful!」の大合唱で盛り上がった。ミニョクが「次は最後の曲です。みなさん、なにが聞きたいですか?」と聞くと、客席からはさまざまな曲名が飛び交ったが、メンバーたちの「Dramama Ramama Ramama~」のコールから「DRAMARAMA」へ。全曲すべてカラーが違ったセットリストで多彩な魅力を見せつけたMONSTA Xだった。

ここで、大トリを務めるアーティストを紹介すべく、SF9のロウンとテヤンがMCで登場。「最後の主人公は日本も韓国も愛したガールズグループ。それはTWICEです」と紹介。合わせて、6月からMnetでスタートするオーディション番組「PRODUCE 48」についても流暢に説明した。


TWICEのわきゃわきゃした姿に観客の萌えがさく裂

© COURTESY OF CJ E&M
「TT」のMV映像の後、赤と白と基調とした衣装でTWICEが登場すると、一気に華やいだ雰囲気に。「INTRO」から、恋愛に対する期待と好奇心を歌った話題沸騰中の新曲「What is Love?」のステージへ移り、クエスチョンマークをイメージしたポイントダンスをかわいらしく披露した。“Let's Play”コーナーはすべて2倍速で行うミッション。ナヨンは5段愛嬌セットを。サナの「LIKEY」ダンスのミッションには、他のメンバーも歌の2倍速でバックアップ。ジヒョは「CHEER UP」の歌。両目ウィンクを2倍速のダヒョンは目を閉じるたびに「ヒヒヒヒヒ」とかわいい声を上げて客席は大爆笑。チェヨンは「グァグァグアグァ」とキュートにアヒルのモノマネを。ツウィは3ヶ国語でファンにメッセージを。舞踊でターンのミナは、くるくると見事な連続回転を披露。モモはとジョンヨンは「SIGNAL」と「TT」ダンスをそれぞれ2倍速で踊った。観客とのツーショットタイムは、ミッションがよくできなかったメンバー3名としてチェヨン、ダヒョン、ジヒョが選ばれ、客席が映るたびに「どんな人が選ばれるかな~」「あ~、かわいい」と、わきゃわきゃした姿に観客の萌えがさく裂。2曲目は、日本初オリジナル曲「Candy Pop」。

© COURTESY OF CJ E&M
ポップなTWICEらしい楽曲で、キャンディをつかむような振り付けがなんともキュート。続いて、女子から積極的に想いを伝える歌詞が新鮮な「Heart Shaker」へ。最後はミナが「ステージが始まる前に流れていたTTダンスを覚えていますか?」と振ると、メンバーたちは一斉にTTダンスを踊り出す。ラストはやっぱりTWICEの代表曲「TT」。ミナの「一緒に楽しんでください」との掛け声で、観客も一緒に「TT」ダンスを。3日間のラストを飾るのにふさわしい大盛り上がりのステージだった。

エンディングでは、全アーティストがくまなくステージを移動して挨拶。一方、歩くのが遅いSUNMIは、全員がはけた後もひとりだけ残る形となり、照れ笑いしながら小走りして観客を笑顔にさせた。3日目間の総来場者数 68,000 人を記録した「KCON 2018 JAPAN」は大盛況で幕を閉じ、今年も多くのK-POPファンに幸せな思い出を残した。

ライター:安部裕子

【REPORT】Wanna Oneに熱狂!初日は「プロデュース101」出身人気グループが勢揃い ― 「KCON 2018 JAPAN×M COUNTDOWN」1日目

【REPORT】2日目は新人から大先輩の貫録と余裕のパフォーマンスまで多彩なラインナップ ― 「KCON 2018 JAPAN×M COUNTDOWN」2日目

「KCON 2018 JAPAN×M COUNTDOWN」
日時:2018年4月15日(日)開場:18:00 / 開演:19:00
会場:幕張メッセ国際展示場2~3ホール
出演者:Golden Child / Heize with Davii / IN2IT / MONSTA X / N.Flying / SF9 / SUNMI / THE BOYZ / TWICE

【セットリスト】
01. INTRO + It's U / Golden Child
02. DamDaDi / Golden Child
03. Giddy Up / THE BOYZ
04. Boy / THE BOYZ
05. SnapShot / IN2IT
06. Be Bop Baby / IN2IT
07. Love in the ice / N.Flying ユ・フェスン、THE BOYZ ヒョンジェ、Golden Child ボミン、SF9インソン
08. didn't know me / Heize with Devii
09. You like me? / Heize with Devii
10. That's the way it goes / Heize with Devii
11. INTRO + MAMMA MIA! / SF9
12. O Sole Mio / SF9
13. Hot Potato / N.flying
14. The Real / N.flying
15 .INTRO(Full Moon)+ Heroine / SUNMI
16. 24hour / SUNMI
17 .Gashina / SUNMI
18. Lupin + Atlantis Princess + Run Devil Run / THE BOYZ、Golden Child、SF9
19. INTRO + JEALOUSY / MONSTA X
20. SPOTLIGHT / MONSTA X
21. BEAUTIFUL(Korean,ver) / MONSTA X
22. DRAMARAMA / MONSTA X
23. INTRO + What is Love? / TWICE
24. Candy Pop / TWICE
25. Heart Shaker / TWICE
26. TT / TWICE

『KCON 2018 JAPAN』開催概要
開催日:2018年4月13日(金)、14日(土)、15日(日)
時間:10:00開場 / 18:00終了
開催場所:幕張メッセ国際展示場 4~6ホール

【放送情報】
「KCON 2018 JAPAN x M COUNTDOWN」
CS放送「Mnet」 / 動画配信サービス「Mnet Smart」


本放送:4月19日(木)18:00~20:50
再放送:4月21日(土)深 1:00~3:50[字幕なし]
4月22日(日)20:15~23:00、4月24日(火)10:15~13:00[字幕なし]

出演者:CHUNG HA、gugudan、MOMOLAND、PENTAGON、RAINZ、Samuel、VICTON、Wanna One、WJSN、BLK、fromis_9、GFRIEND、IMFACT、Reddy、SEVENTEEN、Sik-K、StrayKids、TRCNG、WOOYOUNG(From 2PM)、Golden Child、Heize with Davii、IN2IT、MONSTA X、N.Flying、SF9、SUNMI、THE BOYZ、TWICE

2018年 Mnet Korea / 170分(予定) /日韓同時放送・配信
詳細情報:http://jp.mnet.com/program/1987

※コンベンションの模様は、2018年6月より順次放送予定!

Ment:http://jp.mnet.com/
Mnet Smart:http://smart.mnet.com/

記者 : Kstyle編集部