チャン・グンソク「2018平昌冬季五輪」聖火リレーに参加…応援してくれたファンに感謝“寒い中ありがとう”

TVREPORT |

写真=チャン・グンソク SNS
俳優チャン・グンソクが聖火リレーの走者を務めた。

チャン・グンソクは昨日(29日)、自身のSNSに「あいにくこんなに寒い日、あんなに長く待ってくれて応援しに来てくれたウナギ(チャン・グンソクのファン)たち。忘れないよ。ありがとう。ところで、この帽子簡単じゃないね。行くぞ」という書き込みと共に、1枚の写真を掲載した。

公開された写真には、チャン・グンソクが聖火リレー用のユニフォームを着て明るく微笑んでいる。30代とは思えない変わらないルックスが視線を引き付ける。

この日、江原道(カンウォンド)春川(チュンチョン)で「2018年平昌(ピョンチャン)冬季五輪聖火リレー」のイベントが行われた中、チャン・グンソクは聖火リレー最後の走者として参加した。何よりもチャン・グンソクは、今回の五輪広報大使として活動しているため、より意味を深めた。

チャン・グンソクはSBS新水木ドラマ「スイッチ-世界を変えろ」(脚本:ペク・ウンチョル、演出:ナム・テジン)の主人公にキャスティングされた。「リターン」の後番組として放送される予定だ。

チャン・グンソク、大阪公演で「2018平昌冬季五輪」を積極的にPR

記者 : パク・グィイム