チャン・グンソク「2018平昌冬季パラリンピック」をPR…ファンミーティングで初日を盛り上げる

OSEN |

写真=Tree J Company
俳優チャン・グンソクが、平昌(ピョンチャン)冬季パラリンピックを支援するため開催初日、「チャン・グンソク2018ファンとの特別な出会い」を開き、江原道(カンウォンド)を盛り上げた。

9日、江原道庁の所在地である春川(チュンチョン)で開かれた「チャン・グンソク2018ファンとの特別な出会い」と題したファンミーティングは、江原道と韓国観光公社が主催する「3月のスノーフェスティバル」の一環として行われたもので、チャン・グンソクは平昌パラリンピック開催初日であるこの日、「2018平昌冬季五輪」「2018平昌冬季パラリンピック」及び江原道の広報大使として五輪を盛り上げる「3月のスノーフェスティバル」のスタートを切った。

この日開かれたファンミーティングでチャン・グンソクは、1月に日本の大阪城ホールで開かれた「2017JANG KEUN SUK THE CRISHOW4」ツアーに参加したチョン・マンホ江原道経済副知事の紹介でステージに上がってから江原道への愛情を思いっきり表現し、視線を奪った。

続けて当選者を直接選び、願いを叶えてあげると共に記念写真を撮影するなど、忘れられない思い出を作ってあげた。それからファンのリクエスト曲である「楊花大橋」、愛唱曲「嘘嘘嘘」の他にもチョー・ヨンピルの「夢」を聴かせてくれるなど、甘い歌声で感性を刺激した。

最後にチャン・グンソクはこの日ファンミーティングを訪れてくれたファンに感謝の気持ちを伝えたことはもちろん、翌日にある望みツリーセレモニーとパラリンピック競技観覧の際、参考にすべきことも几帳面にチェックし、「2018平昌冬季五輪」「2018平昌冬季パラリンピック」及び江原道の広報大使として真剣な姿を披露した。

また、この日ファンミーティングをはじめ、翌日(10日)に江陵(カンヌン)ウォルファ通りに設けられている五輪望みツリーで、韓国国内外のファン1200人と共に各国チームの選手の勝利を祈願するセレモニーを行い、アイスホッケー試合を観覧するなどイベントに積極的に参加し、「3月のスノーフェスティバル」の華やかなスタートを告げた。

それだけでなく、江陵メディアセンターで今回のイベントの趣旨及びパラリンピック開催の成功を祈願するメディアブリーフィングを行い、メディアに応対するなど広報大使の役割を完璧に行い、さらに意義深いイベントとなった。

チャン・グンソクは次回作「スイッチ-世界を変えろ」の撮影で忙しい中でも平昌冬季五輪が幕を上げる前からパラリンピックが開かれる現在、韓国を世界に知らせる国家イベントで大活躍し、情熱を見せている。韓国のためなら積極的に乗り出す彼の意義深い活動はこれからも続くと見られる。

チャン・グンソクは28日に韓国で放送スタートするSBS水木ドラマ「スイッチー世界を変えろ」に出演する。

記者 : パク・ジニョン