日韓でつないだ平昌の聖火…チャン・グンソク、安藤美姫&BOYS AND MENらと笑顔

MYDAILY |

写真=2018平昌冬季五輪大会組織委員会
「2018平昌(ピョンチャン)冬季五輪」と「2018平昌冬季パラリンピック」および江原道(カンウォンド)の広報大使であるチャン・グンソクが、江原道春川(チュンチョン)区間の聖火リレーの有終の美を飾った。

昨日(29日)、江原道春川市にて開かれた「2018平昌冬季五輪」聖火リレーイベントに参加したチャン・グンソクは、フィギュアスケートの元世界女王の安藤美姫からつながれた希望の聖火を手にして江原道庁の一帯を走り、五輪の成功的な開催を祈願した。最終ランナーとして走った彼は、ファイトあふれるポーズとセレモニーで、国家的な行事である「2018平昌冬季五輪」が全世界の人が一つになれる祭典になるようにと望みを伝えた。

チャン・グンソクは、「五輪の開始を知らせる聖火リレーに、僕も一緒にすることができて光栄であったし嬉しかった。熱い聖火の火花のように、今回の平昌五輪の熱気が全世界を熱くすることができることを、また、韓国選手団の皆さんの汗と情熱が光を放てば嬉しい。いつも応援しているので、善戦を祈ります」として感想を明らかにした。

引き続きチャン・グンソクは、「寒い天気の中でも共に走って声援を送ってくださった市民の方々とファンの方々おかげで、冷たい風も忘れて走ったようだ。いつもあふれる愛を送ってくださって感謝する」と伝えた。

写真=BOYS AND MEN Twitter
チャン・グンソクのファンクラブ「CRI J」が共にして、より一層意味深いイベントとなった。29日にソウルから春川に直接向かったファンたちは、自身らが乗るバスに「チャン・グンソク公式ファンクラブは平昌冬季五輪を応援します」という横断幕を付けて、イベント開始に先立ちチャン・グンソクを力づけた。

ファンたちは現場で、「チャン・グンソク」「チャンオ(チャン・グンソクファン)+義理」のプラカードを持って、寒い天気の中でも彼に向けた歓呼と声援を惜しまずに、頼もしい姿を見せた。現場に集まった市民にカイロおよび記念品を配り、イベントが終わった後には率先して後片付けに向かう模範となる姿を見せたという。

チャン・グンソクは応援に駆けつけたファンたちと市民のために暖かいコーヒートラックを準備して、感謝の思いを表わした。

この日の聖火リレーには、チャン・グンソク&安藤美姫の他にも、BOYS AND MENや大阪観光局の溝畑宏理事長らが参加した。

チャン・グンソクは、SBSの新しい水木ドラマ「スイッチ-世界を変えろ」への出演を決定した。彼は天才詐欺師サ・ドチャンと検事ペク・ジュンス役の一人二役に挑戦し、約2年ぶりのテレビドラマ復帰を控えている。

チャン・グンソク「2018平昌冬季五輪」聖火リレーに参加…応援してくれたファンに感謝“寒い中ありがとう”

チャン・グンソク、大阪公演で「2018平昌冬季五輪」を積極的にPR


記者 : クァク・ミョンドン