映画「ミオク」キム・ヘス&イ・ソンギュン&イ・ヒジュン、緊張感漂うスチールカット公開

10asia |

写真=cineguru(株) KIDARIエンターテインメント
映画「ミオク」が新たなスチールを公開した。

「ミオク」は、犯罪組織を財界の有力企業に育て上げた“ナンバー2”ナ・ヒョンジョン(キム・ヘス)と、彼女のために組織のフィクサーになったイム・サンフン(イ・ソンギュン)、また出世を目前にして彼らから圧力をかけられるチェ・デシク(イ・ヒジュン) まで、崖っぷちで最後のチャンスを掴む3人の食らい付いては食らい付かれる戦争を描いたノワール。

今回公開されたプレススチール第2弾は、スタイリッシュで洗練された空間で重い存在感を放つキム・ヘス、イ・ソンギュン、イ・ヒジュンの姿が視線を虜にする。

まず、ナ・ヒョンジョン役のキム・ヘスは、魅惑的なビジュアルで犯罪組織のアンダーボス的なカリスマ性を漂わせる一方、危険を感じたような表情で劇中の緊張感あふれる展開を予想させる。またイ・ソンギュンは、憂愁に満ちた眼差しで正面を見つめている姿や暗闇の中での冷たい表情まで、解決屋イム・サンフンが見せる極と極の姿を如実に現しており、彼の新たな顔を期待させる。野心に満ちた検事チェ・デシクを演じるイ・ヒジュンは、ナ・ヒョンジョンと向かい合って座り。一寸も引き下がらない張りつめた神経戦を繰り広げる姿だ。

「ミオク」は11月9日、韓国にて公開予定だ。

記者 : イ・ウンジン、翻訳 : 前田康代