パク・ソジュンが語る #カン・ハヌル #青年警察 #学生時代 #これからの目標

10asia |

7月11日に韓国で放送終了したKBS 2TVドラマ「サム、マイウェイ」は、夢を追いかける青春たちの奮闘とロマンスを描き、大人気を得た。4人4色の青春ストーリーが愛された中でパク・ソジュンは学生時代、テコンドーの国家代表選手を夢見ていたが、事故により夢を諦めることになったドンマンを演じ、好評を得た。現実に妥協して生きてきたが、再び夢を見て叶える過程を描き、視聴者の共感と応援を導いた。

そしてパク・ソジュンが映画「青年警察」で帰って来た。今回は夢もなく、警察大学に入学したばかりの20歳のギジュンを演出した。一連の事件を経験し、夢を見つけるキャラクターだ。青春ドラマというジャンルから来るイメージがあるかもしれないが、パク・ソジュンはそれぞれのキャラクターに入り込み、全く違う2人の人物を完成させた。「いつも新鮮な俳優として見てもらいたい」という彼の願いが実現した。

――映画「青年警察」が夏の劇場大作の間で名を挙げています。

パク・ソジュン:もう少し早く公開すると思っていたのに、このような結果となった。最初、8月に公開するという話を聞き、監督に「僕たち大丈夫ですか?」と尋ねたりもした。他の作品と制作費の差が大きいので、観客の期待外れになってしまうかも知れないと思った。「IPTV(IP技術を利用してテレビ映像を配信するサービス) で見よう」というコメントを見て傷ついた。今は心配が半分あり期待が半分ある。

――初のスクリーン主演作だけど感想は?

パク・ソジュン:演技をしながら、役の比重はこだわらなかった。スクリーンが大きいので、どのくらいインパクトのある演技をしなければならないか、監督からたくさんサポートしてもらった。スクリーンに顔がドアップで出るので少しプレッシャーを感じる。

――2000年代に流行した男性ツートップの映画だ。参考にした作品は?

パク・ソジュン:参考にしたいという考えはあったけど、過去の作品と「青年警察」は解いていく方法が違った。参考にするのは意味がないと思った。ただ、「青年警察」の成功でこのようなジャンルの映画がたくさん制作されたらいいな。最近、僕の同年代の俳優たちが映画で活躍できる役が多くはない。「青年警察」のような映画は、俳優たちにとって最高の作品ではないか。

――ロマンス演技に強いイメージがあったが、女優がいなくても光を放った。相手の俳優カン・ハヌルとの共演はどうだったか?

パク・ソジュン:相手が異性か同性かによって自分自身が変わると思う。アプローチ方法も違うし、合わせていく方法も違う。でも、同性であり同年代の俳優との共演は、親しくなるまで時間もあまりかからない。とてもよい。それに以前からハヌルの作品を見てきたので、とても期待していた。初めて会った日から心を開いて親しくなったので、撮影しながらもアドリブが止まらず、監督が「もうやめてくれ」と言ったこともある。

――焼き鳥アクションから路地アクション、駐車場アクションまで披露した。肉体的に大変ではなかったか?

パク・ソジュン:KBS 2TVドラマ「花郎(ファラン)」の撮影時から、アクションシーンの準備をたくさんした。おかげで体を使うことに自信ができた。「青年警察」のみならず、前作のKBS 2TVドラマ「サム、マイウェイ」でも大きな困難もなくアクションシーンが披露できた。辛かったのは天気だった。寒さの中でシャツ一枚でアクションシーンを披露し、走った。大したことない動作でも、上手く撮影できなくて関節痛にもなった。

――ドラマ「サム、マイウェイ」と映画「青年警察」で続けて夢に悩む20代の青春時代を熱演した。自身にとっての20代はどうだったか?

パク・ソジュン:他の人よりも遅くデビューしたので、僕もやはりドラマの中のキャラクターのように悩みが多かった。高校1年生の時に演技スクールに通い始めたが、関係者から「お前は遅すぎる」と言われた。大学に行ったら、自分と同い年の友人は既に俳優になっていた。でも早く人気が出てお金を稼ぐより、ただ演技がしたかった。そう心に決めて焦りを打ち消した。軍隊から出てきた後、オーディションに落ち続けて演技が自分の道ではないかもしれないと思ったこともある。

――生活密着型の演技が最近のトレンドではないか。たくさんの経験が演技の助けになったのではないか?

パク・ソジュン:そのような点では満足している。子役出身ではないので一般人が経験することを同じように経験してきた。学校も通ったし修学旅行にも行った。夏休みには両親の強要で塾にも通ったし、インターネット講義も聞いた。大学にも行ったしね。やった事がないとしたら合コン?(笑)

――これからの計画は?

パク・ソジュン:今から少なくとも3年間は休むつもりはない。演技を始めたばかりの頃は「どんな役でも挑戦してみたい」という気持ちが強かったけど、今は「どうやって中身を満たしていくか」という悩みが生まれた。贅沢な悩みかもしれないけど、僕にとっては深刻な問題だ。僕のフィルモグラフィーをしっかりと積んでいくためにしっかりと努力を続ける予定だ。

――もう既に「青年警察」をシリーズ物として制作して欲しいという反応があるが。

パク・ソジュン:まずは映画に、ある程度の興行収入が上がってこそ可能な話じゃないかな(笑) ハヌルももうすぐ入隊するから、2年は待たないといけない。

記者 : ヒョン・ジミン、写真 : イ・スンヒョン、翻訳 : 前田康代