カン・ハンナ、キーイーストと再契約を締結…新ドラマでの活躍にも期待

MYDAILY |

写真=キーイースト
女優のカン・ハンナが、所属事務所キーイーストとの義理を果たした。

本日(24日)、キーイーストは「弊社の所属女優カン・ハンナと最近、再契約を締結した」とし「お互いの厚い信頼と義理をもとに、引き続き縁を続けていくことを約束しただけに、彼女に対する全面的なサポートと応援を惜しまないつもりだ。今後もカン・ハンナの活発な活動に多くの関心をお願いする」と伝えた。

2013年に映画「ローラーコースター」で演技を始めたカン・ハンナは、ドラマ「ミス・コリア」「我が家のロマンス」「麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~」「ただ愛する仲」「知ってるワイフ」「サバイバー:60日間の大統領」「耳から血が出る女」「スタートアップ:夢の扉」「九尾の狐とキケンな同居」「最愛の敵~王たる宿命~」など、現代劇から時代劇までこなし、多彩な演技を繰り広げてきた。

特に、「最愛の敵~王たる宿命~」を通じて「2022 KBS演技大賞」でミニシリーズ部門の女子優秀賞を受賞し、女優としての地位を固めた。それだけでなく、KBSラジオCOOL FM「カン・ハンナのボリュームを上げて」のメイン看板DJとしても活躍し、多芸多才な魅力をアピールした。また、多数のバラエティ番組でも抜群のバラエティセンスを披露してきた彼女は、女優としての本業はもちろん、万能エンターテイナーとして多くの人々から愛されている。

カン・ハンナは現在、総合編成チャンネルJTBCの新ドラマ「秘密はない(仮題)」の情熱あふれるバラエティ番組の脚本家オン・ウジュ役にキャスティングされ、撮影に集中している。

記者 : カン・ダユン