ハ・ジョンウ&イム・シワン&ペ・ソンウ出演の映画「1947 ボストン」韓国で9月27日に公開

Newsen |

写真=ロッテエンターテインメント
俳優のハ・ジョンウ、イム・シワン主演の映画「1947 ボストン」が、9月27日に韓国で公開される。

「1947 ボストン」(監督:カン・ジェギュ)は1947年、独立後初めて太極マークをつけて国際大会に出場するマラソンランナーたちの挑戦と胸がいっぱいになる旅程を描く作品だ。

公開されたスペシャルポスターは1936年、ベルリン五輪の金メダリストソン・ギジョン(ハ・ジョンウ)と、1947年のボストンマラソン大会の国家代表ソ・ユンボク(イム・シワン)の汗と涙が輝く歴史的な瞬間をキャッチし、目を引く。日本統治時代、2時間29分19秒の世界新記録で金メダルを取ったが、日の丸を隠したまま頭を下げたソン・ギジョンの沈痛な表情と独立後、初めて胸に太極マークをつけて全世界の取材陣と観衆の関心の中で走るソ・ユンボクの姿がコントラストをなす中、「僕は大韓のマラソンランナーです」というキャッチコピーが加わり、1947年にボストンに行くための彼らの旅程とその裏に隠された話への関心を高める。

それと共に公開されたスペシャル予告編は、1936年のベルリン五輪、ソン・ギジョン選手が42.195kmを走る間、何を考えていただろうかと話題を投げかけるカン・ジェギュ監督の姿から始まる。胸に日の丸をつけたまま日本の国歌を聞きながら表彰台に上がった金メダリスト。厳しい監視の中、固い表情で罪人のように帰国するマラソンの英雄ソン・ギジョンの実際の姿が悲しい雰囲気を与える一方、「42.195km それでも走らなければならない理由」というキャッチコピーと共に、独立後、初めて太極マークをつけて韓国の国家代表として出場した選手団の写真が感動を与える。

1947年、ボストンマラソン大会の監督ソン・ギジョンと「第2のソン・ギジョン」を夢見るマラソンランナーソ・ユンボク。奪われた栄光を取り戻すための彼らの挑戦は胸に響く感動を予告する。

記者 : ペ・ヒョジュ