「真剣勝負」ハ・ジュン“正確な発音をするため口にコルク栓をくわえて練習した”

Newsen |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=ACE FACTORY
俳優ハ・ジュンが、ドラマ「真剣勝負」放送終了の感想を語った。

KBS 2TVの水木ドラマ「真剣勝負」(脚本:イム・ヨンビン、演出:キム・ソンホ)に出演したハ・ジュンは、所属事務所を通じてインタビューを公開した。

彼は「真剣勝負」で法律より権力と実利を優先する目標指向型のキャラクターから抜け出し、正義を選ぶどんでん返しでチン・ジョン(EXO ディオ)の決定的なパートナーになった。

ハ・ジュンはチン・ジョンと対立して、野望だけを追う検事オ・ドファン役を演じ、優れたカリスマ性で緊張感を高めた。しかし、瑞草洞(ソチョドン)殺人事件の犯人の姿が映ったドライブレコーダーのSDカードをチン・ジョンに渡したことをきっかけに、危機の瞬間に彼を助けた。また、パク・ジェギョン(キム・サンホ)が死ななかったことに気づいた後、チン・ジョンと共にパク・ジェギョンの死亡を偽装し、ソ・ヒョンギュ(キム・チャンワン)の裁判当日、パク・ジェギョンの証言を裏付ける決定的な証拠まで持って登場し、ソ・ヒョンギュを捕まえるキーマンとして痛快なカタルシスを与えた。台詞のトーンから眼差し、表情まで、劇中の人物そのものになった演技でドラマをリードした。信頼できる俳優としてもう一度真価を証明したハ・ジュンに、ドラマを終えた感想を聞いてみた。

――放送終了の感想はいかがですか?

ハ・ジュン:「真剣勝負」に関心を持ってご視聴くださった皆様、本当にありがとうございます。楽しく撮影しましたし、現場の雰囲気もとても良くて、このような雰囲気が視聴者の皆様にきちんと伝わるだろうと信じていましたが、僕たちの雰囲気をよく分かってくださり、楽しく見てくださって本当に心から感謝します。僕はまた次の作品で、違う姿で視聴者の皆様に喜ばれるよう、最善を尽くします。皆様、お元気で! ありがとうございます。

―― 序盤と中盤に“チン・ジョンブレーカー”として悪役の姿を見せましたが、結局は正義の味方になったダークヒーローになりました。このような結末を予想していましたか?悪役から正義の味方になった感想はいかがですか?

ハ・ジュン:初めて監督と打ち合わせをした時、監督の言葉である程度は分かっていましたが、オ・ドファンがあれほどキーマンになるとは思いませんでした。それで僕も台本を見て驚きましたし、ドファンを正義の味方にしてくださってとても感謝しています。僕はドファンをとても愛する人なので、第12話で視聴者の方々がドファンに愛情を持つようになったなら、僕はそれだけでも満足し、感謝します。撮影チームがとても丁寧に撮ってくださって、チン・ジョンと一緒に出るシーンもとてもカッコよく撮ってくださいました。本当に監督にお辞儀をしたい気持ちです。監督、ありがとうございます。撮影監督もありがとうございます。照明監督もありがとうございます(笑)。

――ドラマの序盤では対立する関係、後半では協力する関係で、チン・ジョンと阿吽の呼吸を見せましたが、チン・ジョン役を演じたEXOのディオさんとの共演はいかがでしたか?

ハ・ジュン:第12話ではディオさんと一緒に出るシーンがかなりありましたが、全体で見ると一緒に出るシーンがそれほど多くはなかったので、少し残念です。誰もが知っているように、仕事では本当にプロで、個人的に感じたことは、ディオさんという人は絶対に恩着せがましくない人で、いつも周りに気を使う、本当に温かい人だということです。

――しっかりとした発声と明確なディクションで好評を得ました。演技をしながら特に気を使った部分はありましたか?

ハ・ジュン:発音はどうしても検事なので、普段よりもっと正確に発音するため、口にコルク栓をくわえて練習しました。そしてその中で、言葉の味をうまく生かすために努力しました。発声を褒めてくれてありがたいですが、自分としてはまだ足りない点が多いと思い、今もずっと訓練して補完しています。監督の現場でのディレクションと編集が僕の演技を、いつも僕が準備してきたこと以上に、うまく生かしてくれました。現場で監督のディレクションを受けながら演技し、家でドラマを見ながら僕の足りない演技を編集で補完してくださったことを感じて感嘆する瞬間がとても幸せで、ありがたかったです。本当にたくさんのことを学びました。「真剣勝負」で大学の課程を終えたので、今度また機会があれば、監督に大学院の課程を学びたいと思います。

―― 一つの作品で検事と弁護士の両方を演じましたが、違う点はありましたか?

ハ・ジュン:弁護士としては、僕は何もしませんでした。ドファンという人物は自分が生き残るための綱を探していく過程だったので、その過程に法律事務所のカンサンという新しい綱があっただけで、職業的に大きな差はありませんでした。ただドファンはいつも一生懸命に生きていたと思います。ドファンも気になる部分があったはずですが、その部分をチン・ジョン検事が刺激しましたし、それがソ・ヒョンギュから完璧に背を向けるきっかけになったのではないかと思います。

―― 最近教師、CEO、検事、弁護士など様々な職業のキャラクターを演じましたが、新しく挑戦してみたい職業はありますか?

ハ・ジュン:少しは楽な役もしてみたいです。検事も弁護士も少しは固い感じがありますが、もっと自然な姿も見せたいです。純朴な青年や世間知らずなのに心はすごく温かい息子のような役です。

―― ハ・ジュンさんがオ・ドファンに伝える最後の挨拶を聞かせてください。

ハ・ジュン:いつもそうだったように、僕に来てくれるキャラクターにいつも感謝しています。オ・ドファンにも僕のところに来てくれてありがとうと言いたいし、本当にドファンのおかげで僕は演技しながらとても面白かったです。「どうすればもっと憎らしく見えるかな?」と思いながら楽しくやりました。僕にこのような面白い機会をくれたドファンに本当に感謝していますし、愛していると伝えたいです。ドファンのこれからを応援します。

記者 : パク·アルム