GOT7 ジニョン、映画「クリスマスキャロル」で一人二役をこなす…入隊に言及も“そわそわする”

Newsen |

写真=NKコンテンツ
GOT7のジニョンが、映画「クリスマスキャロル」を通じて新たな一面を見せた感想を明かした。

映画「クリスマスキャロル」(監督:キム・ソンス)に出演したジニョンは最近、ソウル鍾路(チョンノ)区三清洞(サムチョンドン)で行われたインタビューを通じて、映画出演の感想を伝えた。

韓国で7日に公開される映画「クリスマスキャロル」は、双子の弟ウォルが死んだ後、復讐のために自ら少年院に入った兄イルが、少年院の面々と残酷な対決を繰り広げるアクションスリラーだ。

ドラマ「ユミの細胞たち」シリーズやNetflix映画『夜叉』などに出演したジニョンは、残酷な暴力に巻き込まれる双子の兄弟イルとウォル役を引き受け、一人二役をこなした。

写真=NKコンテンツ
二役を演じた彼は、「キャラクターごとに目つきを変えるべきかたくさん悩みましたが、答えのない問題でした。まるで『ボンケ(自分)』と『ブケ(サブキャラクター)』があるかのように枠組みを作りました」と説明した。

演じ終えた後の気持ちを聞くと、「正直に言うと、最初は嬉しかったんです。『無事に終えることができたんだ』と思いました」と話し、「でも徐々に残念な部分が見えてきました。演じた時は最前を尽くしたと思ったのに、『あそこはもっと力を抜けばよかった』と思ったりもしました」と伝えた。

悪口を言う場面も多い。「生涯使う悪口を全部言いました」と笑ったジニョンは、「悪口のシーンを撮ったら声がかれて、その後は静かにご飯だけを食べていた記憶があります」とし、「大変なシーンが多くて、終える度に監督やスタッフの方々が『大丈夫?』と聞いて、僕をたくさん配慮してくれました。おかげで体は大変でしたが、心は楽だったと申し上げたいです」と感謝を伝えた。

写真=NKコンテンツ
破格的な短髪を披露したジニョンは「きれいに見えるべきだという考えよりも、キャラクターに合わせなければならないと思いました」と演技への情熱を表した。

映画の多少重い雰囲気については「暴力シーンが見づらいかもしれませんが、忙しい日常の中で、見て見ないふりをする時も多いと思います」とし、「社会の中で継続して起こっていることを思い出させることができれば、それが成功ではないかと思って臨みました」と伝えた。

一人二役で、発達障害を持つ役までこなしたジニョン。最近、障がい者施設であるハンサラン村に5,000万ウォン(約500万円)を寄付したというニュースが伝えられた。

これに対してジニョンは「大げさに伝わっているようで恥ずかしいです」と言いながらも「今回の映画を通じて得たことが多かったんです。どうすればそれに応えることができるだろうかと考えて、(寄付)しようと思いました」とし「大きな意味を持つものではありません」と話した。

写真=NKコンテンツ
来年30歳になるジニョンは、入隊を控えている。これに先立って所属事務所は「具体的な日程はまだ決まっていない」と明かした。

「そわそわします」と告白したジニョンは「でも先輩たちも皆行ってきていますし、行かなければならないのなら、気楽に行ってくるのが僕にとって良いことだと思います」と話した。

続いて「国防の義務は皆が果たさなければならないことです」とし「もちろん行く時になれば涙を一滴流すかもしれませんが、まだその時ではないので謙虚に受け入れています」と伝えた。

今回の「クリスマスキャロル」で短髪をすでに披露している彼は「映画のスチールカットが出た時に、友達から『軍隊に行くの?』と連絡が来ました。それで『まだだよ』と言った記憶があります。どうせやるなら先にやった方がいいという言葉もありますから、髪ももう短くしましたのでぎこちなくはないと思います」と言って笑った。

記者 : ぺ・ヒョジュ