Red Velvet イェリからイ・ウンセムまで、新ウェブドラマ「チョンダム国際高等学校」ラインナップを公開

OSEN |

写真=Management Air、SMエンターテインメント、WALKHOUSE COMPANY、Artist Company
女優のイ・ウンセム、Red Velvetのイェリ、俳優のイ・ジョンヒョク、ユ・ジョンフがWHYNOTメディアの新ドラマ「チョンダム国際高等学校」への出演を確定した。

同作は、女子高生殺人事件の唯一の目撃者である貧しいキム・ヘインが、人々の注目の的であるチョンダム国際高校に転校後、有力な容疑者で校内で最高の権力を持つ“ダイヤモンド6”の女王ペク・ジェナに会うことから繰り広がられる物語を描く。自身のものを守るために手段と方法を選ばないキム・ヘインとペク・ジェナの競争がドラマの注目ポイントだ。

イ・ウンセムは、チョンダム国際高等学校で起きた殺人事件の唯一の目撃者で、沈黙の見返りとして入学の機会を得るキム・ヘイン役を務める。キム・ヘインは欲望のためには良心の呵責を感じても自分に与えられたチャンスをつかむ人物だ。

イェリは、チョンダム国際高校の最高階級である“ダイヤモンド6”のクイーンであるペク・ジェナ役を演じる。ペク・ジェナ女は、機会均等制度に入ってきた学生たちに嫌悪感を持つ人物で、転校生のキム・ヘインをけん制しながら緊張感を高める予定だ。

イ・ジョンヒョクは、“ダイヤモンド6”のキングであるソ・ドオンに扮する。ソ・ドオンはチョンダム国際高等学校の理事長の息子で、ペク・ジェナとは幼なじみだ。殺人事件の唯一の目撃者であるキム・ヘインに接近し、キャラクターたちの関係を興味津々に描くという。

裕福な過程で育ったイ・ソマン役はユ・ジョンフが務める。情報力が良いイ・ソマンは、ペク・ジェナの権力を欲しがるキム・ヘインに興味を感じる助力者役で期待感を高める。

様々な作品を通じて強烈な存在感で注目を集めている俳優たちの共演で期待を高めている「チョンダム国際高等学校」は、韓国で2023年の公開を目標にしている。

記者 : ハ・スジョン