ソ・ジソブ&キム・ユンジン&AFTERSCHOOL ナナ主演の映画「自白」キャラクターポスターと説明映像を公開

OSEN |

写真=ロッテエンターテインメント
俳優のソ・ジソブ、キム・ユンジン、AFTERSCHOOLのナナ、チェ・グァンイルの爆発的な演技の相乗効果で期待を集めている「自白」(監督:ユン・ジョンソク)が、強烈なエネルギーが際立つキャラクターポスターとキャラクター説明映像を公開した。

「自白」は、密室殺人事件の容疑者として指名された将来有望な事業家のユ・ミンホ(ソ・ジソブ)と、彼の無罪を証明しようとする勝率100%の弁護士であるヤン・シネ(キム・ユンジン)が、隠された事件のパズルを合わせていくことから繰り広げられるストーリーを描く。

公開されたキャラクターポスターは、本音が分からない4人のキャラクターの意味深な表情でサスペンスを高めた。キム・ユンジンは「小さなディテールも逃さず、最後まで4人の俳優たちを疑わなければならない」とし、密室殺人事件をめぐる4人のキャラクターが持つ秘密に対する好奇心を刺激した。「私は殺していません」と無実を訴えるユ・ミンホと、「無罪にするのは、嘘の前では不可能です」と反論するヤン・シネ弁護士、唯一の容疑者を無罪にするために事件の欠片を合わせ始めた2人の対立が、緊張感を醸し出している。

密室殺人事件の被害者で、事件の決定的な鍵を握っているキム・セヒ(ナナ)は、「誰も見た人はいないよ。よく考えてみて」とし、隠れている別の事件を暗示するのはもちろん、彼女とユ・ミンホが共有する秘密とは何か、興味をそそった。

また、別の事件を追うハン・ヨンソク(チェ・グァンイル)は、「隠す人が犯人ですよ」とし、彼が探している真実とユ・ミンホとの関係に対する疑いを倍増させた。ハン・ヨンソクと別の事件の存在が、密室殺人事件の流れをどのように変えるか注目を集める。

同時に公開されたキャラクター説明映像は、「ベテラン俳優たちの熱い演技の相乗効果から、事前の動線リハーサルまで、緻密なストーリーを完成させるための皆の努力が詰め込まれている。激しく演技の対決をする構造だった」というソ・ジソブの話のように、会話だけでも緊張感を高める「自白」は、ベテラン俳優たちがしのぎを削る演技を披露する。

初めてスリラージャンルに挑戦したソ・ジソブは、唯一の容疑者に指名されて、何もかもを失う危機に瀕するユ・ミンホの複雑な心境を表現し、二面性のあるなキャラクターを完成させた。専門的な用語と口調を身につけて、ヤン・シネ弁護士そのものになったキム・ユンジンは、台本読み合わせから膨大な量のセリフをすべて暗記し、共演者たちを緊張させた。

ナナは、ユ・ミンホとヤン・シネの会話によって変わる状況や感情を演じこなし、チェ・グァンイルは、カリスマ性溢れるエネルギッシュさで緊張感を与えた。

ユン・ジョンソク監督は「俳優たちが引っ張っていく映画だった。ゾクゾクする時が多かった」とし、監督とスタッフたちまで緊張させて入り込んで演じた俳優たちの熱演に期待が高まっている。

練り込まれたストーリーと俳優たちの熱演で目を離すことができない緊張や没入感を与える「自白」は、韓国で10月26日に公開される。

記者 : ハ・スジョン