Don Spike、麻薬使用の容疑を認める“すべて私の過ち…罰を甘んじて受け入れる”

Newsen |

写真=Newsen DB
作曲家兼歌手のDon Spikeが麻薬使用の疑いを認めた。

本日(28日)、彼はソウル北部地裁で行われた麻薬類管理に関する法律違反の疑いに関する令状実質審査(拘束前被疑者審問)に出席した。

同日昼12時50分頃に令状実質審査を終えた後、Don Spikeは取材陣の前に姿を現した。麻薬容疑を認めるかという質問に「認める」と答え、「ご心配をおかけして本当に申し訳ない。すべて私の過ちだ。捜査に誠実に臨んで罰を甘んじて受け入れる」と答えた。

彼の法律代理人は取材陣に「(Don Spikeが)多くの人々と一緒にいる中で検挙されたという一部の報道内容は事実ではない。ホテルに1人でいたところ、検挙された」と明らかにした。

先立って、警察は麻薬容疑で逮捕された別の被疑者を調査していたところ、Don Spikeがヒロポンを投薬したと把握し、ソウル江南(カンナム)区のホテルで逮捕したという。

1996年にPOSITIONの客員メンバーとしてデビューしたDon Spikeは、作曲家としての活動だけでなく、様々なバラエティ番組に出演し、飲食業事業などを展開してきた。今年6月には6歳年下の一般女性と結婚した。

・Don Spike、麻薬投薬の疑いで逮捕…約1,000回分の麻薬を所持か

記者 : ファン・ヘジン