パク・ギュヨン、新ドラマ「ワンダフルデイズ」のヒロインに抜擢…ASTRO チャウヌとの共演に期待高まる

OSEN |

写真=SARAMエンターテインメント
女優のパク・ギュヨンが新ドラマ「ワンダフルデイズ」のヒロインに抜擢された。

同作は、キスすると犬に変わってしまう呪いにかかった女性と、その呪いを解くことができる唯一の人間だが、犬が苦手な男性の予測できない恋愛を描く予測不可能なファンタジーロマンスドラマだ。

斬新なコンセプトとどんでん返しを繰り返すしっかりとしたストーリーを基に、読者から愛された同名の人気ウェブ漫画を原作にしている。先立ってASTROのチャウヌ、俳優のイ・ヒョヌの出演が決まっており、期待作として注目を集めている。

パク・ギュヨンは綺麗で頭がいい上、愉快な性格まで、一見完璧な姿で人生順調に進んでいるように見える教師ハン・ヘナに扮する。しかし、花道だけが続きそうだった彼女の日々はチン・ソウォン(チャウヌ)とキスした後、人生最大の危機を迎えることになる。パク・ギュヨンはこのように心配事が尽きない毎日を送るハン・ヘナを自分だけの魅力で表現する予定だ。

彼女はドラマ「ダリとカムジャタン」「悪魔判事」「Sweet Home -俺と世界の絶望-」「サイコだけど大丈夫」などに出演し、あらゆるジャンルをこなす姿を見せた。「ワンダフルデイズ」を通じて、持ち前のラブリーな魅力のキャラクターを作っていくパク・ギュヨンの活躍がより一層期待される。

新ドラマ「ワンダフルデイズ」は「模範タクシー」「私のIDはカンナム美人」「花より男子」などのドラマ化を成功させた制作会社Group8と、若手俳優たちの出会いで撮影前から関心が高まっている。

記者 : チェ・ナヨン