【REPORT】SF9、ファンミーティングで3年ぶりに来日!初披露曲の全力パフォーマンスにファン歓喜

Kstyle |

SF9が日本デビュー5周年を迎え、約3年ぶりの来日イベント「SF9 JAPAN FANMEETING 2022 “HANABI”」を開催。8月2日の横浜、4日の大阪の2日間で計4公演を行い、韓国ではじめて音楽番組で1位を獲得した「Good Guy」の日本語バージョンや、7月にリリースした韓国の最新曲「SCREAM」など、全曲日本初パフォーマンスの楽曲と、楽しいトークでファンを喜ばせた。

SF9はヨンビン、インソン、ジェユン、ダウォン、ジュホ、ロウン、ユテヤン、フィヨン、チャニの9人組韓国ダンスボーイズグループ。ヨンビンとインソンが入隊中のため、今回は7人での来日となった。ここでは、8月2日の神奈川県民ホール・昼公演の模様をレポートする。

ファンミーティングは、ライブパートからスタート。披露された楽曲は、すべてコロナ禍で来日できなかった間にリリースされたもので、全曲が日本初パフォーマンスとなる。冒頭の「Tear Drop -Japanese ver.-」と「Good Guy -Japanese ver.-」は、日本デビュー5周年を記念して6月29日にリリースされた初のベストアルバム「THE BEST ~Dear Fantasy~」の収録曲。この2曲は、9人でレコーディングされた「THE BEST ~Dear Fantasy~」と同じバージョンではなく、入隊中のヨンビン、インソンのパートを別メンバーが歌うという、7人バージョンで披露された。彼らの代表曲「Good Guy -Japanese ver.-」には、会場のファンも歓喜した様子で、歓声代わりに振るペンライトに一層の力がこもっていた。

「みんな元気ですか?」と客席に呼びかけると、「久しぶりに来ました。来られなかった3年分の情熱をお見せします!」と意気揚々のユテヤンと、「久しぶりでドキドキしています。皆さんの“すきぴ”になりたい!」というダウォン。日本語が得意な2人がトークをリードする。この夏の新曲「SCREAM」と「OK OK」をパフォーマンスすると、活動に参加できなかったロウンが「最高! 夏らしくてステキな曲。ここが気に入っています」といってダンスを実演すると、ジェユンが「次はロウンくんも一緒に、7人でカッコいいSF9をお見せしましょう!」と、力強く宣言した。ライブパートの最後は、7人が横一列に並びバラード曲「Love Again」を熱唱。ファンのペンライトの光りが彼らの歌と呼応した。

トークコーナーでは、今年日本デビュー5周年を迎えるSF9の5年間を過去の映像と写真で振り返った。過去のライブを振り返るコーナーでは、日本デビュー前、2016年のNEOZ時代の初来日パフォーマンス映像が流されると、メンバーたちは「恥ずかしい!」と悶絶。末っ子のチャニは「僕がロボットに変身するという振付の『Jungle Game』という曲は、今はサビついたロボットになりそう」と、組体操のような難易度の高いパフォーマンスに言及すると、「もっとシンプルなロボットにしないと」と、ロウンがツッコむ。

日韓のデビュー曲「Fanfare」の映像を見ると「本当に一生懸命駆け抜けてきたな~」としみじみするジェユン。「先輩たちの背中を見て夢見てきた日本デビューができたのが信じられなかった」と、ユテヤンも日本デビューを振り返った。韓国での「Tear Drop」のライブ映像で「衣装がセクシーだ」と指摘されたユテヤンが、「哀しみを表現するためにお腹が見える衣装に。これからも見せますね」というと、各席から大きな拍手が上がり、ジェユンも「僕はテヤンくんの衣装、好きです!」と称賛した。

写真コーナーでは、過去のアーティスト写真を見ながら、5年間でのビジュアルの変化や、メンバーの成長ぶりを振り返った。個人アーティスト写真を振り返る場面では、ヨンビンとダウォンの写真がクローズアップされた。入隊中のリーダー、ヨンビンの過去のアーティスト写真がクローズアップされ、ロウンが「『マンマミーア!』のミントカラーのヘアが1番いいですね」というと、ジェユンが「実は、僕がミントヘアになるはずだったんです。でも美容室の手違いで、彼がやるはずだったピンクと逆になってしまったんです」と告白。これにはジュホが「知らなかった!」と驚愕。

ジェユンは「2人だけの秘密だったから」と言って会場を笑わせた。また、ダウォンからは「入隊中のヨンビンさんとは毎日連絡を取っています。みんなに会いたいみたい」という嬉しい近況報告も。同じく入隊中のインソンについては、「インソンくんはムードメーカーだから、いないと雰囲気が重くなります。恋しいです」というダウォンに、フィヨンは「恋しいけれど、耐えなければ」と返す。ユテヤンは「2人のためにできることは、帰ってこられる場所を守ることです」と言って、会場から大きな拍手を集めた。

そして、来日できなかった3年間の韓国活動を振り返るコーナーでは、「Good Guy」で1位を獲って涙を流すジュホとダウォンの映像が流された。ジュホが「感激したんです。それまで一生懸命準備をしてきたから。次の日に別の音楽番組で1位になったときも泣いてしまいました(笑)」と、当時の想いを語った。また、東方神起が司会を務め、BTOB、iKON、THE BOYZ、Stray Kids、ATEEZとの競演で話題となったパフォーマンスバトル番組「KINGDOM:LEGENDARY WAR」では、ノアール映画のようなアクションを用いた「The Stealer」の映像が流され、「本番2日前にアクションシーンの追加があった」(ユテヤン)、「難易度が高かったけれど一致団結して取り組みました」(チャニ)という発言も。ダウォンのリクエストで、ナイフで格闘するアクションシーンを再現したジュホは、「放送後、怖い人だと思われるようになりました……」という悩みもあったのだとか。ライバルたちとは「競争だけど、ほかのグループもみんな『楽しもう!』という雰囲気だった」(ジェユン)という。このコーナーを通して、来日できなかった3年間の空白を埋めることができた。

ゲームやメンバーたちを撮影できるフォトタイムで楽しむと、あっという間に終演の時間に。ロウンは「来てくれて、ありがとうございます。楽しく過ごしてくれましたか? 久しぶりで緊張しましたが、皆さんとご一緒して緊張がほぐれました。皆さん、ごはんをしっかり食べて、具合が悪いときは病院に行って、疲れたら寝て、また会える日まで元気でいてください」と話した。フィヨンは「今日はありがとうございました。早く日本のFANTASY(ファンの名称)に会いたくて、楽しみにしていました。久しぶりに皆さんと一緒の時間を過ごせて、本当に幸せでした。これからもたびたび会えるといいなと思っています」と伝えた。

ダウォンは「今日、楽しかったですか? 僕たちもとても楽しかったです。久しぶりに会えてうれしいような、気恥ずかしいような気がします。一生懸命頑張って、また会いに来ます。見守っていてください。最近すごく暑いので、水分ちゃんととってくださいね!」とファンへの愛情を表現した。チャニは「3年間、ずっと待っていてくださってありがとうございます。少しでも早く帰ってきたかったのですが、会いにこられてうれしいです。これからもたびたび会いに来ますので、病気することなく、幸せでいてください。愛してます」と伝えた。

ユテヤンは「韓国だけでの活動は寂しかったけれど、韓国活動を頑張ってきたからまた日本に来る事ができました。これからも活動を頑張ります。また会いましょう」と、再会を約束した。ジュホは「待っていてくださって、僕たちがステージに立っているのを喜んでくださってありがとうございます。今は7人ですが、また9人で戻ってきます。12月には『2022 FNC KINGDOM - STAR STATION -』もあります。これからもさまざまな姿を見せていきます。たくさん愛してください」と話した。

ジェユンは「日本でシングル『Good Guy』を出したタイミングからコロナで日本に来ることができなくなりました。本当に、皆さんにすごく会いたかったです。今日は、夢のような時間でした。感動しました。『2022 FNC KINGDOM - STAR STATION -』もありますし、また日本に来たいと思っていますので、楽しみにしてください」と、ひとりずつファンに想いを伝えると、最後に全員で「Beautiful Light」を歌ってファンに別れを告げた。

SF9は、日本でこの後12月17~18日に千葉・幕張メッセ 国際展示場での事務所フェス「2022 FNC KINGDOM - STAR STATION -」に出演予定だ。また、メンバーのロウンは、8月7日に初ソロファンミーティング「2022 ROWOON(from SF9)1st Solo FANMEETING ~恋慕(LOVE)~」の追加公演を大阪国際会議場(グランキューブ大阪)で開催。また、今秋からTBSで放送される日韓合同アイドルボーイズバンド結成プロジェクト「THE IDOL BAND:BOY's BATTLE」に、IZ*ONEとしても活動していたHKT48の矢吹奈子とともに司会を務める。

取材・文/坂本ゆかり

記者 : Kstyle編集部