パク・セワン&ソン・ゴンヒ出演、新ドラマ「最終兵器アリス」7月28日より「WATCHA」にて日本独占配信が決定!予告ポスター&映像も解禁

Kstyle |

“殺し屋”という正体を隠して生きる美少女転校生のキョウル(コードネーム:アリス)と、死にたい願望を抱きながら武力を使わず暴力を封じ込める変わり者のイケメン高校生ヨルムが出会い、狂った犯罪組織から命を狙われる高校生2人の波乱に満ちたハードコア・アクション・ロマンス、WATCHAオリジナルドラマ「最終兵器アリス」が7月28日(木)より月額動画配信サービス「WATCHA」にて独占配信されることが決定した。また、日本配信に先立ち、ティーザービジュアルとティーザー予告編も解禁となった。(韓国WATCHAでは本日(24日)より配信がスタートとなった)

不良からパンチを受け続け反撃もしないヤケクソ人生を送るソ・ヨルム。背後から殴られ気を失ったヨルムを見過ごすことができず、つい助けてしまったアリス。2人は運命的に同じクラスになり惹かれ合うものの、アリスには犯罪組織のもと特殊スキルを身につけた“殺し屋”という秘密があり……。

ティーザー予告編のラストには、アリスを執拗に探す狂人スパイシーの不気味な笑い声が響き渡り、2人に迫る困難と波乱に満ちた展開を予想させる。ティーザービジュアルは、傷だらけのキョウル(アリス)とヨルムが制服姿で座る前に高校生活には必要ないはずの銃が置かれ、「出会うはずのなかった二人は『生きてみたい』と恋に落ちた」というキャッチコピーからは予測できないストーリーへの好奇心と期待が膨らむ。

本作の主演を務めたキョウル / アリス役のパク・セワン(「恋のステップ~キミと見つめた青い海~」「一緒に暮らしますか」)、ヨルム役のソン・ゴンヒ(「SKYキャッスル~上流階級の妻たち~」「ノクドゥ伝~花に降る月明り~」)は、ともに映画・ドラマ・舞台など多様なジャンルで実力を発揮している注目のライジングスター。さらに韓国映画界を代表する俳優キム・ソンオ(「シークレット・ジョブ」「アジョシ」)、キム・テフン(「キングダム2」ナビレラ-それでも蝶は舞う-)らが物語の鍵を握る人物に扮する。



■作品情報
WATCHAオリジナルドラマ「最終兵器アリス」
7月28日(木)よりWATCHAにて独占配信開始

キャスト:パク・セワン、ソン・ゴンヒ、キム・ソンオ、キム・テフン、チョン・スンギル
総監督:イ・ビョンホン
監督:ソ・ソンウォン
脚本:ソ・ソンウォン、イ・ビョンホン

2022年 / 韓国 / 全8話 / ハードコア・アクション・ロマンス

<あらすじ>
広告3年生の男子生徒ヨルムは幼い頃に目撃した悲劇がトラウマとなり、死への願望を抱いて生きていた。死ぬために悪党や不良から殴られ、反撃もせずパンチを受け続けるヤケクソ人生を送るなか、腕っ節の強い美少女転校生のキョウルに窮地を救われたヨルムは思いがけず彼女に恋してしまう。運命的に同じクラスの隣同士の席になった2人。しかし彼女の正体は、犯罪組織のもとで特殊なスキルを身につけた「アリス」と呼ばれる殺し屋だったのだ! 彼女を最終兵器レベルにまで訓練した狂人スパイシーの執拗な追撃を受けながらも、身を隠して必死に逃げるアリス。陰の協力者Mr.バンや刑事ナムらを巻き込み、惹かれ合うヨルムとアリスは生き延びるため壮絶な闘いに立ち向かう!

■関連リンク
WATCHA公式ページ:https://watcha.com

記者 : Kstyle編集部