配信開始「キス・シックス・センス」ユン・ゲサン&ソ・ジヘ、偶然の事故から予想外の出来事が発生!?【ネタバレあり】

OSEN |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=Disney+「キス・シックス・センス」放送画面キャプチャー
「キス・シックス・センス」が好調なスタートを切った。超感覚的で新鮮な題材と現実にありそうなリアルなオフィスライフが調和した楽しいドラマが共感を得た。

25日に配信がスタートしたDisney+オリジナル「キス・シックス・センス」第1話と2話で、ジェウ企画のエースAEで仕事中毒であるホン・イェスル(ソ・ジヘ)と、彼女の職場の先輩で五感が過度に発達した超敏感な男性チャ・ミンフ(ユン・ゲサン)のオフィスライフを基に、恋愛感情が生まれる過程が描かれた。

一緒に多くの時間を過ごすしかない2人が偶然の事故でキスをすることになり、唇に触れると未来が見えるイェスルが2人の未来を見ることになってから微妙な関係が始まる。ユン・ゲサンとソ・ジヘは甘く殺伐とした最高のケミ(ケミストリー、相手との相性)を披露する一方、実際の職場生活を連想されるリアルな社会人の演技で共感を引き出し、好調なスタートを切った。

初回からミンフは完璧だが、近づけない超敏感な気難しい男の姿を余すところなく見せた。五感が過度に発達した彼は、必要以上のものを見て、聞いて、感じるため、人々と適度に距離を維持して過ごしてきた。特に良い成果、最高の結果のためなら、チーム員に暴言も吐くため、周囲の人々はなかなか近づけない人物となった。イェスルは企画チームのエースらしく、ベッド広告キャンペーンの仕事を引き受け、企画から制作、マーケティングまで担当することになった。

しかし、全てのことに備え、徹底して準備しようとした彼女の予想とは裏腹に、制作チームが協力せず、CM撮影当日に問題が発生した。この問題を収拾するため、早朝から現場に駆けつけたミンフとイェスルは、偶然の事故でキスすることになり、信じがたいミンフとの意外な未来を見てしまったイェスルが、その後ミンフを妙に意識するようになり、2人の関係は徐々に変わり始めた。

ところが、問題はミンフとの予想外の未来を信じたくないイェスルの心とは裏腹に、彼女が見た未来は絶対的に起きるということだ。ポップアップストアの現場で、ホームレスの暴動によって怪我しそうになったイェスルを救う過程で、ミンフが背中を怪我し、未来でその傷跡を見たイェスルは「私が見たのが正しいようだ。必ず来る未来だったんだ」とショックを受けた。

体調が良くなかったミンフは、イェスルに助けてもらって帰宅した。イェスルはミンフの家を見ながらもう一度自身が見た未来を思い出した。混乱して逃げるように家を出ようとした彼女はすぐに「もう一度だけ確認してみよう」とミンフにキスを試みた。しかし、突然目を覚ましたミンフ。殺伐としたミンフとイェスルの関係が、今後どのように甘い恋愛模様に発展するのか、関心を高めた。

それだけでなく、ミンフとイェスルが通う広告会社「ジェウ企画」の日常が多くの人から共感を得て反響を呼んだ。何日も徹夜しながら準備した企画案が「大学生のチームプレー水準だ」とミンフに無惨に踏みにじられた時の、チーム員の魂のない表情やカフェイン飲料をたくさん飲んで疲れを取ろうとする様子、続く徹夜で鼻血を流す姿など、広告業界の厳しい生活がまるで自身を見ているようだと共感を呼んだ。

これは俳優たちの自然な演技のおかげだ。これまで重厚な演技を見せてきたユン・ゲサンは、シャープで洗練されたイメージを十分活用し、皆が羨む広告業界の完璧な男性チャ・ミンフを表現した。また、カリスマ性のある眼差しでチーム員を掌握すると共に、危機的な状況でイェスルを救い出すスウィートな男性の魅力も披露するなど、180度異なる姿を見せた。

ソ・ジヘは“ラブコメクイーン”らしい名演技を披露した。率直で堂々とした魅力はもちろん、愛らしさまで見せる彼女は“未来を見る”という、表現が難しいと思われる超能力発揮の瞬間を自然な目と表情で表現し、躍動感あふれるシーンを作り出した。また、彼女の白々しくコミカルな演技は「キス・シックス・センス」の面白さを高める必須要素だ。特に入社同期であるオムジ役のファン・ボラとのティキタカ(相性が良く、ポンポンとやり取りする様子)が笑いを誘う。

その他にも、1枚の写真だけで韓国を騒がせるトップスターのジヨン役のイ・ジュヨン、ミンフの優れた五感の秘密を共有している友人で担当医師であるスンテク役のテ・インホ、イェスルのいとこで堂々とした魅力と愛らしさを兼ね備えたホウ役のキム・ガウンなど、個性的な助演が存在感を発揮し、ドラマの楽しさを倍増させている。

「キス・シックス・センス」の今後の展開にも要注目。毎週水曜日の午後4時にDisney+で2話連続で公開される。

記者 : ヨン・フィソン