チャ・イェリョン、新ドラマ「黄金仮面」スチールカット公開…現代のシンデレラに変身

OSEN |

写真=iWILLMedia
女優のチャ・イェリョンが「黄金仮面」でイメージチェンジを果たす。

KBS 2TVの新毎日ドラマ(月曜日から金曜日に韓国で放送されるドラマ)「黄金仮面」(演出:オ・スソン、脚本:キム・ミンジュ)は、誤った欲望と貪欲が生み出す悲劇で、3人の女性の狂気じみた争いの中から人生の答えを探していく物語を描く。

チャ・イェリョンは劇中で現代版シンデレラのユ・スヨンに扮する。ユ・スヨンはか弱そうな見た目とは異なり、強く固い内面を持った人物だ。財閥家の嫁になって以後、一日も楽な日を過ごしたことがなかった彼女は、思いがけない事件をきっかけに復讐心に燃えるといい、ユ・スヨンのストーリーに関心が高まっている。

こうした中、チャ・イェリョンが「黄金仮面」に惹かれた理由を語り、注目を集めた。彼女は「シナリオを読みながら『ユ・スヨン』というキャラクターに好奇心が生まれたし、ジャンルも挑戦したいジャンルだったのでこのドラマを選ぶことになった。また、夫の実家との様々な対立を謙虚に受け入れて生きてきた人物が復讐に燃え始めてから、ますます変わっていく姿が魅力的に思えた」と伝えた。

続けて彼女は、自身が演じることになったユ・スヨンという人物について「ユ・スヨンは見た目は弱く見えるが、中身は強くて固い人物だ。表と裏が違って見えるところが魅力的だと感じられ、どんな行動をするか予測できず、さらに気になった。私もそのような部分を気にして演技している」と話した。

続けて「変化するユ・スヨンの姿を見せるためビジュアルにも、内面にも変化を与えた。まず、ビジュアルにおいては、最初は優雅で地味な姿を見せたことに対し、中盤と後半には強いイメージを見せるため単色の服をたくさん着た。内面においてはもう少し強く見せるため言葉遣いや表情に変化をたくさん与えた」とし、役作りのために几帳面に取り組んだ姿を見せた。

また、彼女は「堂々と仕事を処理していく姿や目標にすることがあれば、それを成し遂げるため不断に努力する姿が劇中人物と50%くらい似ていると思う。違いがあるとすれば、ユ・スヨンはただ不当な目に会ってやられるだけだったが、私はただ見ている性格ではない。率直に気持ちや考えを伝える方だが、そういうところが少し違うと思う」と自身とユ・スヨンのシンクロ率を明らかにし、関心を高めた。

最後に彼女は「撮影の序盤ではあるが、ひとつひとつのシーンを楽しく撮影している。監督、作家さんをはじめとするスタッフの皆様、そして先輩・後輩俳優との相性がよくて最初の放送がとても待ち遠しい。こんなに良い作品で視聴者の方々にお会いできてとても嬉しいし、『黄金仮面』という作品が持つ良いエネルギーが視聴者の皆様に伝わってほしい」と感謝の挨拶を伝えた。

KBS 2TVの新毎日ドラマ「黄金仮面」は、「優雅な母娘」「明日も晴れ」などを演出したオ・スソン監督と、「明日も晴れ」などを執筆した脚本家のキム・ミンジュがタッグを組んだ新作だ。韓国で「愛のクァベギ」の後番組として5月23日(月)午後7時50分に放送がスタートする。

記者 : パク・パンソク