IVE、3週連続で「ミュージックバンク」1位を獲得…PSY&MAMAMOO ムンビョルらのカムバックステージも

OSEN |

写真=KBS 2TVの放送画面キャプチャー
「ミュージックバンク」で、IVEが3週連続1位を獲得した。

IVEは、韓国で29日午後に放送されたKBS 2TV「ミュージックバンク」で3週連続1位となった。MCを務めているメンバーのチャン・ウォニョンが、IVEを代表してトロフィーを受け取った。

彼女は、1位の知らせに喜び「いつも応援してくださるDIVE(ファンの名称)に本当に感謝しています。『LOVE DIVE』の活動は終わりに近づいていますが、この場にいないIVEのメンバーたちも本当におめでとう。いつも応援してくださるDIVEの皆さん、本当にありがとうございます。愛しています。『LOVE DIVE』を最後までたくさん愛してください」と感想を伝えた。

この日の放送では、PSY(サイ)とMAMAMOO ムンビョルのカムバックステージから(G)I-DLE ミヨンのソロデビューまで、多彩なステージが繰り広げられた。

PSYは、西部劇の主人公のような姿でカムバックした。BTS(防弾少年団)のSUGAがプロデュースとフィーチャリングに参加した9thフルアルバム「サダ9」のタイトル曲「That That(prod.&ft. SUGA of BTS)」のステージを初めて公開し、レジェンドなPSYらしく過去最高のカムバックステージで目を引いた。

PSYらしいユニークなステージは建物の外から始まり、華やかなパフォーマンスとPSY特有の機転で一気に視線を釘付けにした。中毒性のあるメロディーで彼ならではの音楽の帰還を知らせた。

PSYの新曲「That That」は、PSYとSUGAが共同プロデュースし、作詞、作曲、編曲に参加した曲だ。中毒性の強いメロディーとPSYとSUGAの魅力的な歌声がグローバル音楽ファンを魅了している。

MAMAMOO ムンビョルも新曲「C.I.T.T(Cheese in the Trap)」でカムバックした。今回の新曲は、彼女だけの魅力がよく表われたステージだった。ムンビョルは、機転に富んだステージで注目を集めた。弾むようなパフォーマンスはもちろん、表情の演技まで完璧なステージで、ムンビョルらしく愉快ではつらつとした魅力をアピールした。

「C.I.T.T」は、愛を奪うためには躊躇しない唐突な姿を盛り込んだ楽曲だ。弾むようなパンクなギターサウンドと淡白で力強いムンビョル特有のボーカルが調和し、愛らしい雰囲気を漂わせている。彼女が作詞に参加し、自分だけのストーリーを描いた。

(G)I-DLEのミヨンは、1stミニアルバムの「MY」をリリースし、ソロデビューを果たした。この日の彼女は、収録曲「TE AMO」とタイトル曲「Drive」のステージを披露した。爽やかで明るい雰囲気の曲でミヨンの愛らしい魅力をアピールし、(G)I-DLEではなく、ミヨンのソロステージでユニークな魅力をファンに披露した。彼女の澄んでいて清涼な音色と美貌が春にぴったりなステージを完成させた。

ミヨンのソロデビュー曲「Drive」は、感性的な雰囲気を倍増させるギターサウンドとミヨンの清らかで清涼なボーカルが出会った曲で、自分のカラーを守りながら進もうとする気持ちを失わないようにというメッセージを込めた曲だ。

この日の「ミュージックバンク」には、DKZ、EPEX、ICHILLIN'、JUST B、PSY(サイ)、Walking After U、YOUNITE、DKB、MAMAMOOのムンビョル、(G)I-DLEのミヨン、ミンソ、VERIVERY、E'LAST、Wanna One出身のユン・ジソン、PURPLE KISS、4Menなどが出演し、華やかなステージを飾った。

記者 : ソン・ミギョン