キム・ヘス&キム・ムヨルら出演、Netflixオリジナル「未成年裁判」メインポスター&予告映像を公開

TVREPORT |

写真=Netflix
Netflixオリジナルシリーズ「未成年裁判」のメインポスターと予告映像が公開された。

少年犯を嫌悪する判事のシム・ウンソク(キム・ヘス)が、ある地方裁判所少年部に新たに赴任することになり、そこで直面する少年犯罪と彼らを担当する判事たちの物語を描いた「未成年裁判」が、メインポスターと予告映像を公開し、期待を高めている。

公開されたポスターは、判事と少年犯罪者が対面する少年犯罪の法廷を描いている。同作は「私は少年犯罪を嫌悪します」と堂々と言うシム・ウンソクと、違う温度で少年犯罪を見るチャ・テジュ(キム・ムヨル)、より大きな目標のために現実的に判断するカン・ウォンジュン(イ・ソンミン)と、少年犯罪は迅速に処理すべきと思っているナ・グニ(イ・ジョンウン)まで、それぞれの考えを持つ4人の判事を通じて少年犯罪と少年犯罪者をめぐるバランスのとれた観点を描く。

裁判官席にいるカン・ウォンジュン、ナ・グニとは違って下に降りて少年犯罪者に近づいたシム・ウンソク、キム・ムヨルそして視線をそらす少年犯罪者たちの姿まで、少年犯罪の法廷は緊張感に満ちている。犯罪を犯した子供たちとその子供たちが処せられている環境、韓国社会の現実まで「未成年裁判」が届ける多くのストーリーが法廷内外でどのように展開されるのか関心が集まっている。

公開された予告編は、それぞれの事件に関わった少年犯罪者と彼らを叱責しているシム・ウンソクの姿で始まる。チャ・テジュは少年犯罪を嫌悪しているシム・ウンソクにその理由を聞き、少年たちに機会を与えられるのは判事しかいないともう一つの観点を提示した。

裁判官のカン・ウォンジュンとナ・グニは、事件の真実に迫るために動き回るシム・ウンソクに「一線を越えるな」と警告したが、彼女は「見せないといけません。法というのがいかに怖いものなのか。教えないといけません。人に害を与えると、どんな対価が待っているのか」と断固とした態度だった。予告編は法定外の判事たちの姿も描いている。

判事たちは裁判後も少年犯罪者たちを管理・監督し、彼らの将来についても責任を負う。ベテラン俳優たちの重みある熱演と、新鮮なエネルギーに満ちた新人俳優たちの爆発的な相乗効果も目を引いた。

キム・ヘス、キム・ムヨル、イ・ソンミン、イ・ジョンウンが軸となり、イ・ヨン、ファン・ヒョンジョン、シム・タルギ、キム・ボヨン、キム・ジュノ、ソン・ドクホなど少年犯罪者に扮した俳優たちが各事件の主人公になって強烈な存在感を見せつける。少年犯罪者を演じた俳優たちについて、キム・ヘスは「典型的ではない演技だった。衝撃的と思えるほど驚いて、斬新だった」とし「毎回のエピソードで息を吹き込ませたのは、少年犯罪者を演じた新人俳優たちだった」と絶賛した。

キム・ムヨルも「毎回新しい俳優たちの新しいエネルギーを見ているだけでこの作品は十分魅力的だろう」とし、現実感を与えて視聴者を惹き付ける新人俳優たちの活躍に関心が集まっている。

「未成年裁判」は、2月25日にNetflixを通じて公開される予定だ。

記者 : チョン・ドンソン