キム・ヘス&キム・ムヨルら出演、Netflixオリジナル「未成年裁判」スチールカットを公開

Newsen |

写真=Netflix
Netflixオリジナルシリーズ「未成年裁判」が若くして犯罪を犯した少年犯罪者と彼らを各自の観点から見る4人の判事の意識、信念を表現した報道スチールカットを公開した。

同作は少年犯を嫌悪する判事シム・ウンソク(キム・ヘス)が、ある地方裁判所少年部に新たに赴任することになり、そこで直面する少年犯罪と彼らを担当する判事たちの物語を描いた作品だ。

公開されたスチールカットは、法服姿の4人の判事と罪を犯して法廷に立った少年犯罪者たち、裁判後も引き続き彼らを管理して監督しなければならない判事たちの熾烈で耐えない悩みを描いている。少年犯罪を嫌悪していると堂々と言い、冷静な判断を下す右陪席判事(法廷で裁判長の右に座る判事。裁判長に次ぐキャリアになる。左に座る左陪席判事は若手が多い)のシム・ウンソクは、断固たる判決に先立って誰よりも鋭く事件の実態に迫る。左陪席判事のチャ・テジュ(キム・ムヨル)はシム・ウンソクとは違う温度で少年犯罪を見つめるが、彼女を物心両面で支えながら事件の真実に迫る。システムを変えるべきだと思い、現実と妥協する部長判事のカン・ウォンジュン(イ・ソンミン)と、少年犯罪を迅速に処理しなければならない宿題としか思っていない部長判事のナ・グニ(イ・ジョンウン)まで、それぞれの考えを持つ4人の判事が厳しく対立している。

「4人の判事を通じて少年犯罪に対する様々な視線と意見を提示したかった」という脚本家のキム・ミンソクは、それぞれの主観と信念を持つ判事たちが同じ事件をめぐって厳しく対立する姿で少年犯罪に対する観点の均衡をとろうとした。また、裁判が終わるとその役割も終わる一般的な判事とは違って処分だけでなく少年の刑事事件のために法廷外でも孤軍奮闘する姿を通じて少年犯罪の現住所に迫り、その多層的なストーリーに期待が高まっている。判事たちが法廷の外で対面した少年犯罪者たちはどんな姿なのか、彼らが事件の真実を明かしてどんな処罰を下すのか関心が集まっている。

社会構成員が一緒に解決すべき難しい宿題を提示し、視聴者を公論の場に招く「未成年裁判」は、2月25日にNetflixを通じて公開される予定だ。

記者 : パク・スイン