「ヴィンチェンツォ」「賢い医師生活」が連続ヒットのtvN、2022年新ドラマも超豪華…チソン主演作からシン・ミナ&キム・ウビン共演作まで

Newsen |

写真=tvN
tvNが2022年の新作ドラマのラインナップを紹介し、全世界のドラマファンから期待が高まっている。

2021年、全世界で類を見ないK-コンテンツブームが起こり、tvNドラマも人気を博した。K-コンテンツをリードしてきたドラマの名家tvNは、昨年「NO.1 Kコンテンツチャンネル、楽しさはtvN」にスローガンを変更し、海外進出の意志を固めると共にチャンネルの競争力と影響力も拡大した。CJ ENMが外部専門リサーチ会社と共同で行なったBPI(ブランドパワー・インデックス)調査によると、tvNは2021年、上・下半期ともに59のブランドの中で1位を獲得した。

平均視聴率16.6%、最高18.4%を記録した「ヴィンチェンツォ」は「ソウルドラマアワーズ2021」で韓流ドラマ作品賞最優秀賞を受賞し、「26回アジアテレビジョンアワード(Asian Television Awards, ATA)」のベストドラマシリーズ部門を受賞した。また「International Emmy Awards」でテレビムービー・ミニシリーズ部門で韓国ドラマとして唯一最終候補にノミネートされ、全世界にK-コンテンツの存在をアピールした。

「賢い医師生活シーズン2」は視聴率平均15.7%、最高17.4%を記録したことに続き、2021年の番組BPIでもドラマトップ25で1位を獲得し、フランチャイズIP(ひとつの人気IPをシーズン制、スピンオフ、リブートなど様々な方法で拡大し、再創造する方法)の成功例に挙げられた 。暖かい心と愛の本質を見失わない20年来の友情が輝き、視聴者は「心温まるドラマだ」と絶賛した。昨年”K-ラブコメ”で注目され、各国のOTT(動画配信サービス)で1位を獲得したヒーリングドラマ「海街チャチャチャ」は、非公式集計で世界20ヶ国でトップ10、全世界のテレビショー部門で9位にランクインした。

2022年にもtvNは様々なジャンルのドラマを制作する。今年のラインナップには恋愛ドラマ、スリラー、ファンタジー、ヒューマン、フュージョン時代劇など、多様なジャンルが含まれ、“ドラマの名家”tvNの新作を期待している視聴者の様々なニーズに応えていく。


「ゴースト・ドクター」

現在放送中のtvN月火ドラマ「ゴースト・ドクター」は、神がかった技術を持つが、ワガママで傲慢な天才医師チャ・ヨンミン(RAIN)と、使命感が全くない金持ちの研修医コ・スンタク(キム・ボム)という、家庭環境も実力も性格も全く異なる2人の医師が思いがけず憑依してしまったことをきっかけに、魂と身体が一つになることで繰り広げられるメディカルドラマだ。

1月3日に韓国で放送が開始した同作は、RAINとキム・ボムのコミカルな演技と少しも目が離せない展開、ファンタジーメディカルという神秘的な題材が調和し、好評を博している。ケーブル、IPTV、衛星を統合した有料プラットフォームで、首都圏基準で平均6.7%、最高8.0%まで記録し、tvNのターゲット層である20~49歳の視聴率では、全国基準で月火ドラマ1位をキープ。興味深いストーリー展開で視聴者から愛されている。


「二十五、二十一」

2月12日に放送がスタートする新土日ドラマ「二十五、二十一」は、「恋愛ワードを入力してください~Search WWW~」の脚本家クォン・ドウンと、チョン・ジヒョン監督が再びタッグを組んだことで、期待が高まっている。

1998年を背景に、夢を奪われた若者たちの悩みと成長を描いたドラマで、キム・テリとナム・ジュヒョクが主演を務める。フェンシング部の希望の星であるナ・ヒド役を演じるキム・テリは「一度も見たことのない性格の人物で、フェンシングというスポーツをテーマにしていることがとても魅力的だった」と話した。通貨危機で倒産した家の長男として一生懸命に生き、記者になったペク・イジンに扮したナム・ジュヒョクは「時代に夢を奪われた若者たちが、一緒に苦しみ、成長していくドラマだ。人間的で責任感が強いキャラクターに魅了された」と伝えた。


「キルヒール」

最近、台本読み合わせ現場の様子を公開した「キルヒール」は、テレビショッピングで繰り広げられる3人の女性の欲望と激しい死闘を描く。成功と嫉妬に目がくらんだ人々の争いが描かれる。何よりもキム・ハヌル、イ・ヘヨン、キム・ソンリョンが繰り広げる演技が最高の見どころになると期待されている。

キム・ハヌルは強い野心でUNIホームショッピングのトップショーホストの座を狙うウヒョン役を、イ・ヘヨンは平社員からUNIホームショッピングの副社長になったモラン役を、キム・ソンリョンは生まれからハイクラスで、UNIホームショッピングの看板ホスト、ペ・オクソン役を演じる。「ジャスティス」シリーズのノ・ドチョル監督の演出力と脚本家シン・グァンホ、イ・チュヌの執筆力が出会い、期待を高めている。


「軍検事ドーベルマン」

アン・ボヒョンとチョ・ボアの出演で注目されている「軍検事ドーベルマン」は、お金のために軍検事になったト・ベマンと、復讐のため軍検事になったチャ・ウインが出会い、軍隊内の黒く腐りきった悪を打破しながら立派な軍検事に成長していく物語を描く。

アン・ボヒョンは軍服を脱ぐ日だけを心待ちにしている軍検事ト・ベマン役を、チョ・ボアは財閥の一人娘で新米軍検事のチャ・ウイン役を演じる。映画「弁護人」、ドラマ「無法弁護士」などの法廷物を執筆してきた脚本家ユン・ヒョンホと、ドラマ「バッドパパ 」「ミリオネア邸宅殺人事件」を演出したチン・チャンギュ監督がタッグを組んだ。


「私たちのブルース」

イ・ビョンホン、シン・ミナ、チャ・スンウォン、イ・ジョンウン、ハン・ジミン、キム・ウビン、オム・ジョンファなど、韓国を代表する豪華俳優陣が大勢出演することで話題を集めているドラマ「私たちのブルース」は、ドラマ「大丈夫、愛だ」「その冬、風が吹く」「ライブ ~君こそが生きる理由~」などでタッグを組んだ脚本家のノ・ヒギョンとプロデューサーのキム・ギュテが再び息を合わせて披露するドラマだ。

人生のクライマックス、またはスタート地点に立っているすべての人々を応援するドラマで、自然豊かな済州島と冷たく荒い海を背景に、様々な人物の甘酸っぱくてほろ苦い人生の物語をオムニバス形式で届ける。


「殺人者の買い物リスト」

「殺人者の買い物リスト」には、イ・グァンス、AOAのソリョン、チン・ヒギョンがキャスティングされた。ソウル郊外にあるマンションの近くで謎の死体が発見された後、母親が運営するMSスーパーのインターンであるアン・デソン(イ・グァンス)、町の巡査ト・アヒ(AOAのソリョン)、デソンの母親チョン・ミョンスク(チン・ヒギョン)が、スーパーの領収証を基に繰り広げるコミカルな推理ドラマだ。

イ・グァンスはかつては暗記の天才だったが、今は3年連続で9級公務員試験に落ち続けているMSスーパーの社長息子アン・デソン役を、ソリョンはオドン交番の熱血巡査で、アン・デソンの恋人であるト・アヒ役を、チン・ヒギョンはMSスーパーの社長で、デソンの母親であるチョン・ミョンスク役を演じる。


「流れ星」

「流れ星」は星(スター)たちの残骸を片付けるいろんな人々という意味で、スターを輝かせるために血、汗、涙を流す人々のリアルな現場の物語を描くラブコメディである。イ・ソンギョンとキム・ヨンデがキャスティングされ、注目を集めた。

イ・ソンギョンはマネジメント広報チーム長のオ・ハンビョル役を、キム・ヨンデは広報チーム長のオ・ハンビョルと気まずい関係にある“事務所の看板スター”コン・テソン役を演じる。マネージャー、広報チーム、記者まで、芸能界の最前線で働く人々のストーリーがリアルに描かれ、楽しさと没入感を与えると期待されている。


「リンク:食べて愛しなさい、しびれるように」

ヨ・ジングとムン・ガヨンが出演を決定した「リンク:食べて愛しなさい、しびれるように」は、ある日突然、とある女性の感情を共有(link)するようになった男性が、彼女のあらゆる喜び、悲しみ、痛みを一緒に感じながら繰り広げられる感情共有ファンタジー恋愛ドラマで、興味深いヒューマンミステリードラマだ。

ヨ・ジングは、一流レストランの副料理長であるウン・ゲフン役を、ムン・ガヨンは運の悪い就活生ノ・ダヒョン役を演じる。「ディア・マイ・フレンズ」「ライフ」などで、リアルな世界観を生み出したホン・ジョンチャン監督と、「あやしいパートナー」「私の恋愛のすべて」などで、ロマンスとミステリーを行き来する練り込まれた脚本を披露した脚本家のクォン・ギヨンがタッグを組んだ作品だ。


「アダマス(仮題)」

「アダマス」にはチソン、ソ・ジヘ、イ・スギョンが出演する。継父を殺したという実父の汚名を晴らすため、22年前の事件の真実の裏に隠された巨大悪と立ち向かって戦う双子の兄弟の物語を描く作品だ。チソンは双子の兄弟として一人二役を演じる。彼はベストセラー推理小説家のハ・ウシンと中央地検特捜部の平検事ソン・スヒョンを演じる。ソ・ジヘはハ・ウシンの協力者でヘソングループの長男の妻ウン・ヘス役を、イ・スギョンは双子の兄弟に言えない秘密を抱えている社会部記者のキム・ソヒ役を演じる。


「若草物語」

「若草物語」は、貧しいが仲睦まじく育った三姉妹が、韓国で最も裕福で有力な家族に立ち向かうストーリーを描く。映画「お嬢さん」「親切なクムジャさん」、ドラマ「Mother」などを執筆した脚本家チョン・ソギョンと、「ヴィンチェンツォ」「王になった男」の演出を務めた監督キム・ヒウォンがメガホンを取り、キム・ゴウン、ナム・ジヒョン、パク・ジフの完璧な組み合わせが期待を高めている。キム・ゴウンはお金で家族を守りたい長女のオ・インジュ役を、ナム・ジヒョンはお金に魂を売りたくないと思っている次女のオ・インギョン役を、パク・ジフは自身のために頑張っている姉たちの愛を重く感じている三女のオ・インヘ役を演じた。下半期に放送を控えている.

CJ ENM IP事業チャンネル事業部のキム・ジョンフン部長は「今年、tvNは豪華俳優陣とスタッフがタッグを組んだ大作から、多様な題材で視聴者の視線を釘付けにするトレンディなドラマ、原作を基にして高い人気が予想されているドラマ、ターゲット層を絞ったユニークなドラマまで、様々な楽しさを届けようとしている。そして、これを基に2022年もtvNがK-コンテンツをリードするチャンネルになると期待している」と伝えた。

記者 : ファン・ヘジン