「花が咲けば、月を想い」ユ・スンホ、Girl's Day ヘリに恋文を送る“すべて君のため”

TVREPORT |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=KBS 2TV「花が咲けば、月を想い」放送画面キャプチャー
ユ・スンホがGirl's Dayのヘリに本心を伝えた。

18日に韓国で放送されたKBS 2TV「花が咲けば、月を想い」では、ナミョン(ユ・スンホ)の恋文に幸せを感じるカン・ソロ(ヘリ)の姿が描かれた。

この日、イ・シフム(チェ・ウォニョン)は、カン・ロソがカン・ホヒョンの娘であることを知り、イ・ピョ(ピョン・ウソク)に「世子があの子を宮に入れたことが知られたら、殿下だけでなく、あの子も危険になります」と警告した。

これは領議政のヨン・ジョムン(チャン・グァン)が、カン・ホヒョンの最期に関与していたからだ。イ・シフムは「詳しいことを知ろうとしないように」と一線を引きながらも「今、殿下は自分を守る力も、あの子を守る力もありません。私がすべてを解決し、あの子をそばに置ける方法を見つけます」と約束した。

イ・ピョはカン・ロソを生涯の恋人として考えたが、カン・ロソはすでにナミョンと両思いになった後だった。この日もカン・ロソはナミョンとの口づけを思い出しときめくも、ハン・エジン(元gugudanのミナ)と一緒にいる彼の姿に複雑な気持ちを感じた。

結局、カン・ロソは「昨日は、私の考えが甘かった。だから、私に説明したり、理解を求める必要はない。あなたがハンさんと婚姻関係なのは知っているから。なかったことにしましょう。気にしていないので」とナミョンを突き放した。

「僕は気になるんだけど」というナミョンの率直な告白にもカン・ロソは「それでいいです。今はあの人を捕まえるのが先です。あの人を捕まえてこそ、あなたも安全になれるから。他のことは、その時話しましょう」と詳しい会話を避けた。

またこの日、ナミョンはシムホンを追跡する理由に火賊討伐事件があることを知り、「確か、あの日の証人をすべて消さなければならないほどの秘密があったんだろう。僕がそれを見たんだ。そうじゃないか?」と聞いた。

「それで、何を見たんですか?」という問いには「双手刀を振り回す男。その男がそこになにかを隠そうとしたのか」と言った。これにシムホンは、ナミョンに危害を加えようとしたが、これはシムホンを捕まえるための罠だった。監察たちによって包囲されたシムホンは、逮捕直前に脱走してしまった。

このように状況が終わり、カン・ロソは満月酒を作って同僚たちをもてなした。ナミョンは「母の言葉が今になって理解できた気がします。愛する気持ちなしでは、学ぶことも出世もすべて要らないということ。誰かを愛せばその喜びが自分の喜びになり、その人の心配が僕の心配になるということでした」と笑った。

続いてイ・ガン(チョン・ソンイル)に禁酒令を無くすよう訴えるとし、「待ってくれますか? 僕がすべてを整理して帰ってくるまで」と恥ずかしそうに話した。

勢いに乗ってハン・エジンとの婚約破棄したナミョンは、カン・ロソに「いつの間にかあなたが心の中を満たし、僕の願いと夢まですべてあなたのためのものになりました」と愛情たっぷりの恋文を送った。

これにカン・ロソは幸せを感じたが、ナミョンは逃走中だったシムホンの襲撃を受け、生死の境をさまよった。ドラマの終盤では、シムホンを操る黒幕がイ・シフムであることが明かされ、波乱の展開を予告した。

記者 : イ・ヘミ