2PM ジュノ&イ・セヨン主演、ドラマ「赤い袖先」KNTVにて2022年4月より日本初放送スタート

Kstyle |

(C)2021MBC
2PMのジュノの除隊後復帰作として話題を呼んでいるドラマ「赤い袖先」がKNTVにて2022年4月より日本初放送される。

同作は韓国の大ベストセラー小説が原作で、ジュノが原作に惚れ込み、除隊後復帰作に選んだことでも話題となった。ジュノがいままで数々の俳優が演じてきた名君イ・サンを新たな姿で熱演。ジュノがいままで数々の俳優が演じてきた名君イ・サンを新たな姿で熱演した。

ふたりの若かりし日の秘めた愛を美しい映像で綴る歴史大作となっている。

(C)2021MBC
(C)2021MBC

■番組情報
「赤い袖先」
<放送日時>
2022年3月、第1・2話先行放送(2話連続)
※スカパー!、スカパー! プレミアムサービス、J:COMほかケーブル局で第1・2話を無料放送
2022年4月より、日本初放送スタート!

話数:全16話(予定)

出演者:2PMジュノ、イ・セヨン、カン・フン、イ・ドクファ、パク・チヨン、チャン・ヒジン、チョ・ヒボン、ソ・ヒョリムほか

<制作陣>
脚本:チョン・ヘリ「仮面の王 イ・ソン」
演出:チョン・ジイン「自己発光オフィス」「バラ色の恋人たち」、ソン・ヨンファ「私がいちばん綺麗だった時」

<あらすじ>
粛清により一族が没落したドクイム(イ・ソラ/子役)は幼い頃から宮女として仕えるようになる。一方、朝鮮王朝21代国王英祖(イ・ドクファ)の孫、世子イ・サン(イ・ジュウォン/子役)は悲劇的な事件で父を失い、宮中で孤独に育つ。ある夜、サンはドクイムの機転により窮地を救われ、ドクイムにほのかに想いを寄せるも再会は叶わず時が流れる。
数年後、成長したドクイム(イ・セヨン)は持ち前の聡明さで尚宮たちから目をかけられつつも自分の生き方を模索していた。そんなある日走っていたところ足を踏み外し、近くにいた世子(ジュノ/2PM)を巻き込み池に落ちてしまう。反省文を書くよう命じられたドクイムだったが、書庫を掃除している最中、中へ入ってきた世子を司書と勘違いし、無礼な態度で追い返してしまう。怒った世子は何度も書き直しを命じ、2人は次第に距離を縮めていく。だが宮中では勢力争いが激しさを増しイ・サンは命を狙われることに。

■関連リンク
KNTV公式サイト:https://www.kstyle.com/

記者 : Kstyle編集部