「学校2021」WEi キム・ヨハンに予想外の危機?キーホルダーの発見で…

OSEN |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=KBS 2TV水木ドラマ「学校2021」放送画面キャプチャー
「学校2021」が、予測不可能なストーリーと急速な展開で緊張感を高めた。

1日に放送されたKBS 2TV水木ドラマ「学校2021」第3話では、ヌルジ科学技術高等学校2年1組の生徒たちが、さまざまな感情でそれぞれ異なる関係を築いていく様子が描かれた。

この日の放送では、遺書の作成者であるチョン・ミンソ(イ・ハウン)の跡を追うコン・ギジュン(WEiのキム・ヨハン)、チン・ジウォン(チョ・イヒョン)、チ・ホソン(キム・ガンミン)の奮闘が描かれ、視聴者の手に汗を握らせた。チョン・ヨンジュ(チュ・ヨンウ)は、展望台の上で危なっかしい様子のチョン・ミンソを発見し、チン・ジウォンに彼女の位置を教えて極端な選択をすることを防いだ。

しかし、チョン・ミンソが極端な考えをしたきっかけが公開された。所長が大事にしている蘭を壊した彼女を追い詰め、過度な示談金を要求したのだ。所長は刑事告発にまで言及して彼女を脅した。

理事長ク・ミヒ(イ・ジハ)に怒りを表すチョン・ヨンジュの様子は、好奇心を刺激した。ク・ミヒの前でも頭を下げなかったチョン・ヨンジュは、彼女の受賞に表情を固めた。また、彼女が植木鉢テロ事件の真犯人であることが明らかになり、ク・ミヒに対するチョン・ヨンジュの恨みとは何か、好奇心を刺激した。

登場人物たちの秘密が一つずつ明るみに出る中、これによって形成された新しい関係も視聴者たちの注目を集めた。特にカン・ソヨンは植木鉢テロ事件の証拠を口実に、チョン・ヨンジュに偽装恋愛を提案した。とんでもない提案をしたカン・ソヨンの本当の企みとは何か、正反対の性質を持つ2人が描くストーリーに関心が高まっている。

また、練習生を辞めたコ・ウンビ(ソ・ヒソン)は、バイト中にカン・ソヨンに出くわした。彼女とは気まずい関係であるコ・ウンビは、不安そうな表情を隠せず、ため息をついた後、再びぬいぐるみをかぶって路地の外に出た。一瞬にして夢を失った若者の苦い現実に視聴者は胸を痛めた。

放送の終盤には、コン・ギジュンに予期せぬ危機が訪れた。教務部長イ・ハンス(キム・ミンサン)が植木鉢テロ事件を調査していた中、屋上でテコンドーフィギュアのキーホルダーを発見し、事件の犯人としてコン・ギジュンが疑われたのだ。植木鉢テロ事件当時、チョン・ミンソを探していたコン・ギジュン、チン・ジウォン、チ・ホソンは相談室を訪ねていた。イ・ハンス(キム・ミンサン)はコン・ギジュンにキーホルダーを見せながら退学を命じ、来週の放送に対する好奇心を刺激した。

放送の直後、視聴者たちは「ミンソが可愛そう」「ジウォンのような友達がいたら、また学校に通いたい」「ギジュン&ホソンの相性がとても良い」「ウンビはどれだけ頑張ったんだろう……可哀想に」「最後まで衝撃的」など、熱い反響を寄せた。

KBS 2TV水木ドラマ「学校2021」第4話は、韓国で2日の夜9時30分に放送される。

記者 : ハ・スジョン