チョン・ユミ、Colde&APROとのコラボ曲は「Enough」に決定…集合ショットを公開

TVREPORT |

写真=Dingo
女優のチョン・ユミと歌手のColde、プロデューサーAPROのコラボレーションが公開された。

29日午前10時、Dingo Musicの公式SNS通じて「Dingo Record」の3番目のランナーであるチョン・ユミとColde、APROの集合ショットが公開された。

温かい色感が際立つ写真には、ソファに座ってそれぞれ異なる方向を見つめているチョン・ユミとColde、ピアノの前に立っているプロデューサーAPROの姿が収められている。

これと共に曲名「Enough(Prod.APRO)」も公開され、3人と「Dingo Record」が披露する感性的な音楽に対する期待が高まった。

「Dingo Record」は現在と過去が調和したDingoだけのレコードショップで、従来のアーティストを再発見し、新しいアーティストを発掘してリスナーたちによい音楽を紹介するコンテンツだ。

3番目のランナーとなるチョン・ユミは、2016年にソン・シギョンとのデュエット曲「アンドロメダ」を発売した。今回のプロジェクトに、約5年ぶりに歌手として帰ってきた彼女は、もう一度リスナーたちの心を捉える見通しだ。

Coldeはグローバルミュージックレーベル「WAVY」の首長で、トレンディーな音楽で大きく愛されるシンガーソングライターだ。(G)I-DLEのソヨン、EXOのベクヒョン、EPIK HIGHなど多様なアーティストとコラボレーションしながら、幅広い音楽的スペクトラムを見せている。

Dynamic Duo、Loco、PENOMECOなど数多くのアーティストと作業して、多数のヒット曲を誕生させた人気プロデューサーのAPROは「Enough(Prod.APRO)」のプロデューシングに参加し、曲の完成度を高めた。

3人の完璧なケミストリー(相手の相性)が感じられる「Enough(Prod.APRO)」は12月2日の午後6時に各種音源サイトを通じて発売される。

2015年10月に立ち上げられたDingoは、韓国のコンテンツ及びメディア分野の代表走者と挙げられている。特に「キーリングボイス」「縦ライブ」など、斬新かつ多彩な音楽コンテンツで音楽ファンの支持を得ており、「Dingo Record」で様々なプロジェクト音源を披露しながら、最強のコンテンツパワーをアピールしている。

記者 : イ・ヘミ