2PM ジュノ&イ・セヨン主演、新ドラマ「袖先赤いクットン」予告ポスター第2弾を公開…切ない雰囲気

Newsen |

写真=MBC
「袖先赤いクットン」が2PMのジュノとイ・セヨンの切ない姿を収めたポスターを公開した。

11月5日に韓国で放送がスタートするMBC新金土ドラマ「袖先赤いクットン」(演出:チョン・ジイン、ソン・ヨンファ、脚本:チョン・ヘリ)は、自分が選択した人生を守ろうとする女官と、愛より国を優先する帝王の切ない宮中ロマンスだ。絶大な人気を博している脚本家カン・ミカンの同名の小説を原作とし、2021年、時代劇ブームを率いると期待されている。

劇中でジュノは頑固かつ傲慢な完璧主義の王世孫(王の跡継ぎ)イ・サン役を、イ・セヨンは王の多くの女性の一人ではなく、自身の人生を主体的に選択しようとする女官ソン・ドクイム役を演じる。後日、正祖と宜嬪ソン成氏になる二人は、激しく緊迫した政治が繰り広げられる宮廷の中で、切なく波乱万丈な恋愛模様を披露する予定だ。

10月5日に「袖先赤いクットン」側が公開した予告ポスター第2弾には、それぞれ別の空間にいるジュノとイ・セヨンのツーショットが写っており、目を引いた。特に、書庫の内側にいるイ・セヨンと外側にいるジュノの間に一枚の布がかけられており、その模様はまるで王世孫と女官の身分の差を表しているようで切ない雰囲気を与える。さらに「王は女官を愛した。女官は王を愛しただろうか」というキャッチコピーが別々のところを見ている二人の視線と調和し、切ない余韻を残した。

しかし、このようなすれ違いの中でも二人はお互いを意識しており、胸をときめかせる。薄い1枚の布ごしにイ・セヨンを見つめるジュノの眼差しと、その視線をわざと避けるようなイ・セヨンの姿が妙な緊張感を与える。このように静的な雰囲気の中でも揺れる感情を表す二人のケミ(ケミストリー、相手との相性)が感嘆を誘い、彼らが描く“王世孫イ・サン”と"女官ソン・ドクイム”の熱く切ない愛の物語に期待が高まっている。

記者 : ペ・ヒョジュ