ク・ギョファン、Netflixオリジナルシリーズ「D.P.」出演で話題に“ホットな俳優という言葉には…”

Newsen |

写真=Netflix
俳優ク・ギョファンの活躍が際立っている。独立映画界のスーパースターと呼ばれたク・ギョファンは、映画「新感染半島 ファイナル・ステージ」で強烈な印象を残して本格的に商業映画へ足を踏み出した。最近では映画「モガディシュ」、Netflixシリーズ「キングダム: アシンの物語」で存在感を誇った。

最近公開されたNetflixオリジナルシリーズ「D.P.」ではハン・ホヨル役を演じた。自分だけの個性を入れたキャラクターを完成させて、チョン・ヘインとのコンビプレーを繰り広げ、名実共にホットな俳優となった。

ク・ギョファンは出演作の相次ぐヒットと好評で得た“ホットな俳優”という修飾語について「慣れない言葉で不思議です」と恥ずかしがった。彼は「これからもっとやれるだろうという勇気が沸いてきます」と付け加えた。

「短い時間で有名俳優となり、多くの変化があったがプレッシャーはないのか」という質問には「プレッシャーはないです」と答えた後、「今この質問によってプレッシャーが生じました」と笑った。

「D.P.」を演出したハン・ジュンヒ監督は「長い間彼のファンだった。動物的に演技を見事にこなす俳優だ。彼を自分の映画で演出したいという欲があった」とキャスティングした理由を明かした。

これにク・ギョファンは、「ハン・ジュンヒ監督の短編作品から最近の作品まで、長い間観客として、ファンとして観続けてきました。『あの方の作品に出演したい』という気持ちがあって、ずっと待っていました。個人的に親しいからといっても一緒に作品をやることはできませんから。監督からシナリオをいただいた時はとてもうれしかったです」と話した。

ク・ギョファンが演じたハン・ホヨルは、「D.P.」の組長である。呑気に見えるが、真摯で鋭さも兼ね備えた変則的なキャラクターで、視聴者の愛を一身に受けている。同時に原作にないオリジナルキャラクターで、関心を集める人物だ。

ク・ギョファンはハン・ホヨルに対して「ハン・ホヨルが家にジュノ(チョン・ヘイン)を招待した時、そのシーンは孤独に見えました。今になって友人ができた感じだと受け入れました。ハン・ホヨルが自分の家に誰かを招待するということはとても難しいことであり、勇気を出したことだと思います。僕にはそのシーンが温かくもあり、一方ではハン・ホヨルの頭を撫でてたい感じがしました。よくやったと」と回想した。

「D.P.」は、ハン・ホヨルとアン・ジュノが追いかけ、捕まえなければならない人たちの、脱走するしかなかった理由を描き、見る人に問題を提起するドラマだ。

ク・ギョファンは「観客、視聴者の方々と同じ気持ちで見ました。胸が一杯になって。だからホヨルをうまく表現したいという気持ちがありました」と述べた。

重い話の中、ハン・ホヨルは明るいエネルギーを吹き込む人物である。劇中で最も明るいトーンを持った人物のため、俳優として悩む点もあったはずだ。彼は「監督から与えられた確信と信念が大きかったんです。監督が全体を見続けてくれて、僕はホヨルとしてそのシーンに存在する俳優だと思っていました」と述べた。

ハン・ホヨルとアン・ジュンホ、そしてパク・ボムグ(キム・ソンギュン)の組み合わせは、「D.P.」で熱い場面を作り出した。

ク・ギョファンはチョン・ヘイン、キム・ソンギュンとの共演について「僕たちがお互いに発見したのは親密さです。これを短時間で発見したのに驚きました。ハン・ジュンヒ監督が即座にある場面を『3人で演じてみて、作ってみて』と言っても、気まずさなく作っていけるような親密感があります。僕にも多くのインスピレーションと学びを与えてくれた俳優たちです」と述べた。

特にドラマを通じてブロマンスケミを見せなければならなかったチョン・ヘインについては「テイクごとの短い集中力が良かったです。映画で使用されるのはAカットであり、最善のカットをお見せしますが、他のテイクも見ていただきたいくらいです。現場に行く気持ちが『今日はどんな面白い場面を一緒に作れるだろうか』と、ときめきが大きかったです」と回想した。

「D.P.」は、兵役を終えた男性だけでなく、女性からも熱い反応を得ている。ク・ギョファンは、「シナリオを読みながら、『D.P.』が特別ではないと思ったように、このシナリオの話も特別ではないと思いました。誰にでも起こりうるし、誰もが経験する可能性のあることだと思いました」と分析した。

彼は「“チョンジュヘン(最初から最後まで全て見ること)”という反応が一番記憶に残っています。それほど大切な言葉はないです。それだけ一緒に話を作ってくださったのだと思います。話はもちろん僕たちが作りましたが、公開された瞬間、視聴者の方々と共有されるのですから、一緒にチョンジュヘンしていただいたということに本当に感謝しています」と伝えた。

また、「ハン・ホヨルは長い時間、最も長く一緒に過ごした人物です。物理的なものでキャラクターを分類することはできませんが、作品の中でこれほど長く登場するキャラクターは初めてだったので、より深く知りましたし、より知りたくなる人物でもあります」と愛情を表した。

記者 : イ・ミンジ