宮脇咲良、韓国へ昨日入国…BTS(防弾少年団)のボディガードが警護も?報道にHYBEがコメント

OSEN |

写真=OSEN DB
IZ*ONE出身の宮脇咲良が韓国に入国し、韓国と海外のファンの関心を集めている。彼女の将来に対する憶測が飛び交う中、彼女が持ってきた荷物やボディガードにも注目が集まった。

宮脇咲良は27日午後、仁川(インチョン)国際空港を通じて韓国に入国した。お腹が見えるカーディガンとハイウエストジーンズ、白のスニーカーを着用し、ハイブランドのバッグを肩にかけて登場した彼女の空港ファッションが目を引いた。

彼女が日本から持ってきたスーツケースのサイズも大きなものだった。多数の荷物にネットユーザーたちは「絶対に少しの間だけ留まるのではないようだ」と推測した。それだけ彼女の韓国での次の歩みに対する関心は大きい。

さらにこの日、BTS(防弾少年団)の警護チームが宮脇咲良の警護を担当したという報道も出た。これに対してHYBEレーベルズはOSENに「宮脇咲良の入国とBTSの警護チームに対して確認することはできない」と明かした。

これに先立ち宮脇咲良は、BTS(防弾少年団)、SEVENTEENなどが所属するHYBEレーベルズ傘下のSource Musicで新しく作るグループグループに合流すると報道された。Source Musicは、来年のデビューを目標にチームを準備しているという。

宮脇咲良の韓国での活動再開は、音楽界の注目を集めるほかない。日本でHKT48の第1期生としてデビューした後、Mnet「PRODUCE48」で2位となり、スター性が認められた。その後、IZ*ONEのメンバーとして活動を成功裏に終えただけに、彼女の存在感は大きくなるしかない。

・「PRODUCE48」出演ホ・ユンジン、IZ*ONE出身の宮脇咲良&キム・チェウォンと新グループ結成?報道にHYBEがコメント

・【PHOTO】宮脇咲良、日本から再び韓国へ!HYBEとの契約説も…4ヶ月ぶりに入国

記者 : チェ・ナヨン