Weki Meki キム・ドヨン、ドラマ「九尾の狐とキケンな同居」放送終了の思いを語る“新しくて楽しかった”

OSEN |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=Fantagio Music
Weki Mekiのキム・ドヨンが、“青春シーンスティラー(scene stealer:映画やドラマで素晴らしい演技力や独特の個性でシーンを圧倒する役者を意味する)”として強い印象を残した。

15日に韓国で放送が終了したケーブルチャンネルtvN水木ドラマ「九尾の狐とキケンな同居」 (脚本:ペク・ソンウ、演出:ナム・ソヌ)で、彼女は憎らしいが可愛いケ・ソヌ(ペ・イニョク)の妹ケ・ソウ役を務めて、愉快なエネルギーを与えた。

劇中で、短い登場だけでも強烈なインパクトを与え、視聴者の視線を釘付けにした。魅力的なビジュアルとサバサバした口調は、ケ・ソウのユニークな雰囲気を際立たせた。特に、兄のケ・ソヌと一緒にいるシーンで相乗効果を生み出した。

普段から憎まれ口でソヌの機嫌を損ね、いがみ合う“現実兄妹”ケミ(ケミストリー、相手との相性)を見せながらも、ソヌの留学に目頭が熱くなるか弱い一面でギャップのある魅力を見せた。また、最終話でイ・ダン(チェ・ウソン)に積極的にアプローチして彼の心を得ることに成功し、キュートなハッピーエンドで観る人々まで幸せな気分にさせた。

このようにキム・ドヨンは同作で、ドラマの雰囲気を盛り上げる“青春シーンスティラー”として活躍し、初の正劇(シリアスで深みのある内容を扱った作品)演技への挑戦を成功裏に終えた。

作品を終え、所属事務所Fantagioの公式SNSを通じて「ソウは、普段の私の姿より一段とエネルギー溢れて愛嬌の多い性格ですが、そんな彼女を演じながら本当に新しくて楽しかったです。何よりも視聴者の方々が兄妹ケミを好評してくださって嬉しかったです」と、愛情たっぷりの感想を伝えた。続いて「これまで『九尾の狐とキケンな同居』とキム・ドヨンを愛してくださってありがとうございます。これからも私の様々な活動を期待してください」と感謝のコメントを付け加えた。

歌手と女優として、絶え間ない努力で無限の可能性を見せている彼女の今後の活躍に関心が集まっている。今年下半期には、SBS新ドラマ「One the Woman」に出演することが決定している。

記者 : ソン・ミギョン