チ・ジニ「アンダーカバー」でキム・ヒョンジュと3度目の共演“申し訳ない気持ちもあった”

Newsen |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=IKKLEエンターテインメント
チ・ジニが「アンダーカバー」でキム・ヒョンジュと3度目の共演をした感想を語った。

JTBC金土ドラマ「アンダーカバー」(脚本:ペク・チョルヒョン、ソン・ジャフン、演出:ソン・ヒョヌク」で、彼は長い間正体を隠して生きてきた国家情報院の要員ハン・ジョンヒョン役に扮し、熱演した。

BBCの同名ドラマを原作にする「アンダーカバー」は、長い間正体を隠して生きてきた男性が一連の事件に巻き込まれ、家族を守るため奮闘する話を描いた作品だ。チ・ジニは限界のないイメージチェンジでハン・ジョンヒョンの痛切で必死の奮闘を描いた。平凡な夫で父親である家長ハン・ジョンヒョンとエリート要員の本能を披露するイ・ソッキュを行き来し、視聴者から好評を博した。

彼は最近、ソウル江南(カンナム)区新沙洞(シンサドン)のあるカフェで行われたNewsenとのインタビューで「夏から冬まで、一番暑い時から一番寒い時まで撮影した作品でした。劇中で自転車に乗っていくシーンがあります。川に落ちようとするヨンス(キム・ヒョンジュ)を救うシーンでしたが、それが一番寒い日に撮ったシーンなんです。僕がいなかったらヨンスは死んでいたと思います」と撮影当時を振り返った。

この作品でチ・ジニは素敵なアクションをこなし、話題になった。指を負傷するほど苦労したというが、「アクションシーンがもっとあってほしかったです」と打ち明けた。ゴルフマニアと知られる彼は「拳で殴るシーンがあったんですが、指が折れました。その指でゴルフをする時、とても重要だったので、くっつかなくて『失敗したな』と思いました。幸いに生活に支障があるわけではないです。ただ、ゴルフをする時に支障があります」とアクションシーンの後遺症に言及した。

最終回でハン・ジョンヒョンとチェ・ヨンスは、イム・ヒョンラク(ホ・ジュンホ)と最後の勝負を繰り広げた。タブレットPCを手に入れた2人はイム・ヒョンラクの悪事を処断し、ハン・ジョンヒョンは長い間隠してきた嘘の代価を払って新しい人生を始めた。「何が正しくて何が悪いか」という質問を投げ続け、激しい死闘を繰り広げた彼ら。人生を根こそぎ揺るがした危機の中で家族と信念を守り抜いた2人の奮闘が感動を与えた。

チ・ジニは「最近の作品の中では珍しくハッピーエンドだったことがとても気に入りました。ハン・ジョンヒョンという人物がたくさん苦労して、もどかしいところも結構ありましたが、それは全部家族を守るための行為だったんです。もっと積極的に解決してくれればよかったんですが、家族に被害を与えないための行為だったので、結末はとても完璧でした。イ・ソッキュからハン・ジョンヒョンへ、再びイ・ソッキュとして3度目の人生を生きることになり、希望的なメッセージを与えたことが気に入りました」と語った。

特に、彼はキム・ヒョンジュと今作で3度目の共演を果たした。2004年に韓国で放送された「波乱万丈 ~Missキムの10億作り~」と2016年に韓国で放送が終了したSBS「愛人がいます」以来、約5年ぶりに共演することになった。

チ・ジニは「とても不思議でミステリーなことです。探してみれば分かると思いますが、こんなケースは本当にありません。『これでいいのか』と思うほどでした。俳優たちが同じ作品であまり会わない理由は、あまりにも慣れすぎると他のキャラクターを演じる時に妨害要素になるためです」とし「今回の作品は僕たちの昔の作品のように、いつも一緒にいる設定ではなかったんです。別に自分の仕事をして、僕が陰で妻を助ける役で、僕たちが会うことはほとんどなかったので、これぐらいなら関係ないだろうと思いました」と伝えた。

一部の視聴者からは、2人の恋愛シーンがなさすぎて残念だという反応もあった。これについて彼は「『愛人がいます』のファンがまだ多いようで、びっくりしました。その作品が“人生の作品”だという方もたくさんいます。また、YouTubeには全部英語でコメントが書き込まれていました。ある人たちは『アメリカのドラマか? なぜ英語がこんなに多いわけ?』と書き込んでいたんです。実は、フィリピンで大ヒットしていたようで、もし新型コロナウイルスがなかったらフィリピンでファンミーティングをしてもよいほどでした。それで今回の共演に期待が高かったようですが、もし恋愛するシーンがもっとあったら『愛人がいます』と比べられたと思います」と伝えた。

遠い将来、4度目の共演も可能だろうか。チ・ジニは「簡単ではないですが、キム・ヒョンジュさんに3回会って、ありがたいことがたくさんありました。最初に会ったとき、彼女は僕にとっても本当にスター女優だったので、学んだことが多かったんです。『愛人がいます』のときは、もっとたくさんのことを学んで、『アンダーカバー』でまた学びました。それだけ僕にたくさん配慮してくれたことに感謝しています」と打ち明けた。

キム・ヒョンジュは「アンダーカバー」の制作発表会で「『愛人がいます』の撮影をしたとき、チ・ジニさんから助けてもらいました。多くの方がその時の私を好いてくれましたが、チ・ジニさんが私を目立つようにしてくれたおかげだと思います。『アンダーカバー』はハン・ジョンヒョンの感情に付いていかなければならない重要な作品なので、『今回は私が助けてあげたい』という思いがありました」と話している。

チ・ジニは「正直、キム・ヒョンジュさんはこの作品をやらないと思っていました。台本をあげると聞いたとき、『いや、やらない。やらないだろう。なんでわざわざこれをやるわけ?』と話していたら、やると言っていたんです。『なんで? もちろん、やることになったら僕はすごく嬉しいけど、おかしいな』と思っていました。しかし、制作発表会の時、その話をしていたんです。それがとてもありがたかったですし、申し訳ない気持ちもありました」と告白した。

記者 : キム・ミョンミ