Weki Meki キム・ドヨン、一人二役に初挑戦!新ドラマ「One the Woman」に出演決定

MYDAILY |

写真=ファンタジオ
Weki Mekiのキム・ドヨンがデビュー以来、初めて一人二役に挑戦する。

彼女はSBS新ドラマ「One the Woman」に、イ・ハニの子供時代の役として出演を確定した。

同作は記憶喪失のせいで、ひょんなことから自分にそっくりな財閥家の嫁と人生がすり替えられてしまった女性検事のドタバタ記憶探しのストーリーを描くコミカルドラマだ。何よりもイ・ハニとイ・サンユン、チン・ソヨン、イ・ウォングンなど実力派俳優たちがキャスティングされ、放送前から話題を集めている。

キム・ドヨンは劇中、イ・ハニが演じる財閥の嫁カン・ミナと汚職女性検事チョ・ヨンジュの子供時代を演じる。デビュー以来、初めて一人二役に挑戦する彼女は、ギャップのある魅力の2人の人物を通じて多彩な姿をアピールする予定だ。

キム・ドヨンは2018年のウェブドラマ「ショート」を通じて演技活動を始め、その後「マンチッ男女」「ソロじゃなくメロ」などの作品に出演して安定的な演技力を証明。現在はtvNドラマ「九尾の狐とキケンな同居」で、憎らしいが可愛いケ・ソヌ(ペ・イニョク)の妹ケ・ソウ役に扮して溌溂とした魅力で人気を博している。このような状況で韓国で今年下半期に放送される予定のtvNドラマ「智異山」に続いて、SBSドラマ「One the Woman」への出演を確定して、“演技ドル(演技+アイドル)”な彼女の無限な潜在力への期待を高める。

記者 : イ・スンギル