「愛の不時着」「ヴィンチェンツォ」を手掛けたスタジオドラゴン、三池崇史監督と韓国ドラマ「CONNECT」制作へ

Newsen |

写真=スタジオドラゴン
スタジオドラゴンが、映画監督の三池崇史とタッグを組んでドラマを制作する。

ドラマ制作会社スタジオドラゴンは6月24日、Newsenとの取材で「三池崇史監督と新ドラマ『CONNECT』の制作を準備中だ」と明らかにした。

「CONNECT」は臓器ハンターたちに身体の一部を奪われた男が、臓器移植を受けた人とつながることから繰り広げられるストーリーだという。

スタジオドラゴンは、日本でもNetflixで配信され、韓国ドラマの再ブームを巻き起こした「愛の不時着」や「ヴィンチェンツォ」「サイコだけど大丈夫」「女神降臨」「トッケビ」などを制作し、韓国国内外でヒットさせてきた。

三池崇史は、映画「初恋」「ラプラスの魔女」「無限の住人」「神さまの言うとおり」「藁の楯」「悪の教典」「クローズZERO」「妖怪大戦争」「着信アリ」などを演出した。

・日本でも話題に!スタジオドラゴン、2020年の総売上高が自己最高記録を更新…韓国ドラマの影響力が拡大

・韓国ドラマ人気が止まらない!「愛の不時着」「サイコだけど大丈夫」などの制作社スタジオドラゴン、史上最高の業績を記録

記者 : パク・スイン