パク・ジュヒョン&キム・ヨジンら出演、アクションスリラー映画「ドライブ」6月1日にクランクイン

Newsen |

写真=各事務所
映画「ドライブ」がパク・ジュヒョン、キム・ヨジン、キム・ドユン、チョン・ウンインのキャスティングを決定し、6月1日から本格的な撮影に入った。

映画「ドライブ」(監督:パク・ドンヒ)は、都心を疾走する自動車のトランクに閉じ込められた人気ストリーマーがリアルタイムでライブ配信を行い、必死の脱出を図るドライビングアクションスリラーだ。

車のトランクに閉じ込められた人気ストリーマーのハン・ユナ役には最近、Netflixオリジナル「人間授業」とtvNドラマ「マウス」に続き、映画「サイレンス」にも出演した若手女優のパク・ジュヒョンが演じ、映画初主演に挑戦する。劇中でハン・ユナは、命が危険な状況でYouTube番組で巨額を稼がなければ生きられない人物で、極限のスリルを届ける予定だ。

ここにハン・ユナを信じて助ける唯一な人物で心強い支えである刑事パク・ジョンスク役にはキム・ヨジンが、ハン・ユナと一緒に事件に巻き込まれる企画会社の代表チェプロデューサーにはキム・ドユンがキャスティングされ、緊張感を与える。ハン・ユナの野心を利用して密かな取引に乗り出すナ・ジンス局長役はチョン・ウンインが演じ、豪華なキャストが完成した。

商業長編映画のデビューを控えたパク・ドンヒ監督は「休まず走るスピード感あふれるスリラーをお届けします」と演出の感想を語った。

記者 : ペ・ヒョジュ