ピョ・イェジン「模範タクシー」放送終了の感想を語る“自慢したいくらい楽しい現場だった”

MYDAILY |

写真=「THE STAR」
SBSドラマ「模範タクシー」に出演した女優、ピョ・イェジンのグラビアが公開された。

マガジン「THE STAR」6月号を通じて公開された今回のグラビアでピョ・イェジンは、可愛らしい魅力を思い切りアピールした。公開した写真でピョ・イェジンは、花を持って高級なソファに座ったり、気楽に横になるなどナチュラルな雰囲気を演出した。

グラビア撮影後に行われたインタビューで、彼女は「普段家にいるのが好きです。特に何かをするのではなくて、素朴なことで私のスタイルを探したりします。今回のグラビア撮影で『ジャコモ(JAKOMO)』のソファを活用しましたが、座り心地がよくて横になりたくなりました。楽しく撮影することができました」と感想を伝えた。

高い視聴率から話題性をかっさらって、放送終了となったドラマ「模範タクシー」について「知人たちも面白かったと言ってくれて、とても嬉しかったです。女優として自慢したいくらい楽しい現場でした」とし「このドラマが本当に良い作品だというプライドを持って言い切れます。ドラマの話ですが、私が実際に義理堅くて、偉い人になった気がします。演技する過程で、実際に私にできることについて悩むようになりました」とドラマの放送終了の感想を伝えた。

女優としての活動を準備する過程で、成功するという確信があったのかと尋ねると、「成功できると思っていたというよりは、頑張れば成功するだろうと考えていました」とし「心配はあったけれど、怖くはなかったです」と正直に答えた。

また自身が考える魅力について尋ねると「わざと飾ったり、人為的な雰囲気ではなく、平凡でナチュラルな姿が魅力的なのではないかと思います」と笑顔で答えた。

最後に「演技が上手な女優になりたいです。今は演技が一番面白くて、もっともっと上手く演じられるようになりたいと思っています。『演技をしなかったら、こんなに他人の感情を理解することができなかっただろう』と思いますし、これからも多様なキャラクターを通じて、様々なことを知っていきたいです」と伝えた。

記者 : イ・スンギル