放送終了「模範タクシー」イ・ジェフン、復讐の行方は?シーズン2にも期待高まる

Newsen |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=SBS「模範タクシー」放送画面キャプチャー
イ・ソムがイ・ジェフンの同僚になって復讐に合流し、シーズン2に対する期待を高めた。

29日に韓国で放送されたSBS金土ドラマ「模範タクシー」最終話で、連続殺人犯のオ・チョルヨン(ヤン・ドンタク)に対するキム・ドギ(イ・ジェフン)、チャン・ソンチョル(キム・ウィソン)の合法的復讐が描かれた。

この日、ソンチョルは母(イ・スンヨン)を殺したチョルヨンに対する復讐を誓うドギに、誰も怪我しない復讐をしようと提案し、チョルヨンの息子ハン・ドンチャン(改名前オ・ヒョンス、リュ・ソンロク)をその方法として言及した。今までずっとチョルヨンに面会しながら対話した結果、「オ・チョルヨンは息子に対する愛情がすごい」と説明した。ソンチョルはチョルヨンの狂気を止めることができるのは、彼の息子だけだと主張した。

その後、ドギはアン・ゴウン(ピョ・イェジン)を通じて見つけ出したドンチャンに意図的に接近した。ドンチャンは意外とチョルヨンの近くにいた。チョルヨンがいる監獄の刑務官だったのだ。そしてドギはドンチャンとの対話を通じて、彼はチョルヨンが自身の父親であることを全く知らないことに気づいた。

その後、ドギは復讐の方向をはっきりと決めた。彼はチョルヨンの面会に行って「君の息子、オ・ヒョンスに会った。父親が連続殺人犯であることを知らせて人生を壊してあげよう」と脅迫した。するとチョルヨンは「あの子は何も悪いことをしていない。何を望んでいるか話しなさい」と跪いた。ドギは「移監申請をしなさい」と指示した。ドギはチョルヨンをドンチャンから離した後、永遠に会わせないつもりだった。

しかしチョルヨンは自ら不幸を誘った。以前にもドンチャンをいじめたことのあるチョルヨンが、移監される瞬間にも暴行を犯したのだ。ドンチャンは全治4週間の怪我を負い、いつも来ていたドンチャンの不在で、息子を探し回っていたドンチャンの母親は事故で死んだ。

ソンチョルはこの悲劇をチョルヨンにそのまま伝えた。「ハン・ドンチャン、その子が君の息子ヒョンスだ。結局君の息子も、君のせいで唯一の家族を失った。君のその狂気が息子まで刺したのだ」というソンチョルの説明は、遺族の涙に少しも共感できなかったチョルヨンを挫折させた。

ドギとムジゲ運輸のダークヒーローズの復讐はこうして終了した。彼らはすっきりとした表情で終了を迎え、それぞれの道に進もうとした。またドギとソンチョルは、カン・ハナ(イ・ソム)とチョ・ジヌ(ユ・スンモク)のおかげで法的処罰を逃れた。

それから1年後、ドギは自由に旅行しながら全国を回り、ゴウンは公務員試験に合格して警察官になり、チェ主任(チャン・ヒョクジン)、パク主任(ペ・ユラム)は本来の職業に戻った。ハナも相変わらず検事として活躍し、最高の弁護人団を作って、懲役10年を言い渡されたペク・ソンミ(チャ・ジヨン)に懲役20年の刑を宣告した。ダークヒーローズの仕事をやめる代わりに次長検事職から辞退したジヌは、再審専門弁護士としてチョルヨンの代わりに濡れ衣を被ったキム・チョルジンを無罪にした。

しかし世の中は相変わらず犯罪でいっぱいだった。ストーカー犯罪による家族殺害、通り魔事件、児童虐待など。ここで反転が起きた。ムジゲ運輸は相変わらず被害者のための模範タクシーを運行していた。ドギ、ソンチョル、ゴウン、チェ主任、パク主任、そしてハナまで。彼らはそれぞれの平凡な日常を享受しながらも、被害者が現れると再び集まった。彼らは「始めましょうか?」と新しい復讐に突入した。

放送後半では、金持ちの夫人チェ・ヨンジュと殺人請負業者、婿、被害者との関係が書かれた黒板が登場し、視聴者たちは「女子大生殺人請負事件」がムジゲ運輸のダークヒーローズが新しく始めた復讐だと予想した。水面下で復讐を続けており、ハナまで合流してさらに強くなったダークヒーローズ。彼らがシーズン2で戻ってくるか関心が集まっている。

記者 : ソ・ユナ